NTTデータの統合運用管理OSS「Hinemos」、NECの高可用性ソフト「CLUSTERPRO」と連携 | RBB TODAY

NTTデータの統合運用管理OSS「Hinemos」、NECの高可用性ソフト「CLUSTERPRO」と連携

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

システム構成
  • システム構成
  • NECのOSSミドルウェアサポートサービスの概要
 NTTデータと日本電気は25日、OSSによる運用管理ソリューションの可用性強化に向け、連携を強化することを発表した。NTTデータがOSSとして公開する統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」と、NECの高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO」の連携を実現させる。

 2月1日から技術支援サービスの提供を開始。両ソフトの連携ノウハウ(構築・運用手順書や管理用スクリプトなど)を提供することで、両ソフトウェアの導入・維持運用を効率化させる。これにより、Hinemosを用いた統合運用管理環境におけるジョブ実行や監視の耐障害性を向上させるのが狙い。

 Hinemosマネージャが動作する運用管理サーバを、CLUSTERPROの共有ディスク方式でHAクラスター化。これにより、Hinemosマネージャが稼働しているサーバで障害が発生しても、待機系サーバでHinemosマネージャの動作が継続できる。CLUSTERPROにより、HAクラスター構成としたサーバで稼働する業務で障害が発生し、待機系のサーバに動作を引き継いだ際も、Hinemosエージェントが自動的に切り替わり、ジョブ実行や監視を継続する。また、Hinemosエージェントに障害が発生し停止した際は、自動で復旧する。

 サービスはCLUSTERPROの製品ライセンスおよびHinemos保守サポートの購入者であれば、追加費用なく提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top