NTTデータ、社内IT基盤の保守にスマートグラスを活用開始 | RBB TODAY

NTTデータ、社内IT基盤の保守にスマートグラスを活用開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

作業者の利用イメージ
  • 作業者の利用イメージ
  • 確認者の利用イメージ
 NTTデータは8月31日、メガネ型コンピュータ(スマートグラス)を用いた現場作業の支援システムを開発したことを発表した。同日より、社内IT基盤の保守運用業務での活用を開始する。

 作業者が新システムを使用することにより、確認者が現場へ出向くことなく、遠隔地から作業の進捗状況および結果を確認することが可能。作業者は、スマートグラスを着用して運用保守作業を行い、前面のカメラ・マイクから、画像や映像、音声を記録可能、作業者に対しては、眼前のディスプレイに、作業指示書やマニュアル等、作業に必要な情報を表示できる。確認者は、現場からリアルタイムで共有された映像に対してコメントや目印(マーカー)を付与することもできる。

 遠隔作業支援システムはAndroidを搭載した機器であれば、どのデバイスでも利用できる。たとえば、ハンズフリー操作が必要な現場ではスマートグラスを用い、マニュアルを大きな画面で閲覧することが必要な現場ではスマートフォン・タブレット端末を用いるといったことができるという。

 今後は、海外拠点を含めた社内での活用を拡大するとともに、年度内に企業向けの提供も開始する方針だ。2018年までに累計で50億円のビジネス創出を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top