Gセンサー搭載で落下時は自動OFF! アイ・オー・データ、耐衝撃性強化ポータブルHDD | RBB TODAY

Gセンサー搭載で落下時は自動OFF! アイ・オー・データ、耐衝撃性強化ポータブルHDD

IT・デジタル 周辺機器

Gセンサーが落下を検知してHDDの電源を自動でOFFしてくれるポータブルHDD「HDPD-AUT」シリーズ
  • Gセンサーが落下を検知してHDDの電源を自動でOFFしてくれるポータブルHDD「HDPD-AUT」シリーズ
  • 上を向いている面を変えることによって、2種類の仮想ドライブを切り替えて使うことができる「G-SELECTOR」を装備
  • USB 3.0対応、電源はバスパワーで
  • カラーはホワイトとブラックの2色
 アイ・オー・データ機器は23日、Gセンサー搭載で耐衝撃性に優れたポータブルHDD「HDPD-AUT」シリーズを発表した。発売は2月下旬、価格は500GBモデルで10,600円、1TBモデルで14,300円。

 「HDPD-AUT」は、Gセンサー(3軸加速度センサー)を内蔵。うっかり落としてしまった場合は、Gセンサーが落下を検知してHDDの電源を自動でOFFし、ドライブを守ることができる。

 外装部には、滑りにくく耐久性に優れた熱可塑性ポリウレタンエラストマー、内装部には衝撃に強いポリカーボネートを採用。適度な硬さと弾力性をあわせもった、衝撃に強いボディを実現している。さらに本体内部の4ヵ所に衝撃吸収ダンパーを設置したフローティング構造により、落下の衝撃を吸収。万が一落としてしまっても、ボディが落下の衝撃からドライブを守る設計となっている。米国国防総省の性能試験(MIL-STD)とほぼ同様の、122cmの高さからの落下試験にも合格している。

 また、上を向いている面を変えることによって、2種類の仮想ドライブを切り替えて使うことができる「G-SELECTOR」を装備。片面は仮想DVD-RW、もう片面は仮想サポートソフトCD-ROMとして利用できる。仮想DVD-RW領域へはDVDライティングソフトなどを使って書き込みを行え、仮想サポートソフトCD-ROM領域ではサポートソフトを収録し、本体からサポートソフトを起動したり、インストールしたりすることができる。

 対応OSはWindows XP/Vista/7/8およびMac OS 10.6以降。バックアップアプリ「True Image 2013」や現在の姿勢状態を3Dモデリングにて表示できるアプリ「G-SENS・MONITOR」などがプリインストールされている。

 インターフェイスはUSB 3.0で、電源はUSBバスパワー。本体サイズは幅84mm×奥行120mm×高さ19mm、重量は約180g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top