浅田舞、キム・ヨナの“転倒しても高得点”に疑問……「正直、分からない」発言で物議 | RBB TODAY

浅田舞、キム・ヨナの“転倒しても高得点”に疑問……「正直、分からない」発言で物議

エンタメ その他

キム・ヨナ選手の得点に関するコメントで物議を醸している浅田舞
  • キム・ヨナ選手の得点に関するコメントで物議を醸している浅田舞
  • テレビ東京のソチ冬季五輪特集番組「ソチ五輪まで待てない!最強日本フィギュア陣・新年の誓いスペシャル」情報ページ
 女子フィギュアスケートの浅田真央選手の実姉でスポーツコメンテーターとしても活動する浅田舞が、韓国のキム・ヨナ選手が今季世界最高得点を出したことについて、出演番組で「なぜあんなに点数が出ているのか分からない」などと発言し、ネット上で物議を醸している。

 話題となっているのは、13日に放送されたテレビ東京のソチ冬季五輪特集番組「ソチ五輪まで待てない!最強日本フィギュア陣・新年の誓いスペシャル」にコメンテーターとして出演した浅田の発言。同番組では2014年ソチでの女子フィギュアの成績を予想するとともに、昨年12月に復帰したキム・ヨナ選手についても紹介。12月9日にドイツ・ドルトムントで開催された国際大会「NRW杯」で、浅田真央選手の今季最高得点を上回る得点での優勝で復帰戦を飾ったキム・ヨナ選手だが、“尻もち”をつくなどミスを連発しながらも最高得点で優勝したことについて、同番組では「まさかのキムヨナクオリティで世界最高得点」「不思議な強さはどこまで続く?」と批判的に報じていた。

 このVTRを観た後、「どうしてあんなに点数が良いのか」と、キム・ヨナ選手の得点についてコメントを求められた浅田は、「いやぁ、正直、分からないです、なんであんなに点数が出ているのか」と苦笑い。自身もフィギュアスケートの元選手であるだけに、「(私も)選手をやっていたんですけど、(演技を)見ても、何でなんですかね……審査委員が(キム・ヨナ選手のことを)好きなんですかね? 分からないです」と、しきりに首を傾げたが、それ以上は「この問題はノーコメントにしておいた方が良いかも知れないです」と言葉を濁した。

 韓国専門ニュースメディア「韓フルタイム」は、この浅田の発言をめぐる韓国での反応を紹介。ネット上では「妹の顔に泥を塗った」「見る目が無いね」「海外審判が韓国選手に高い点数を付ける理由はないよ。むしろ日本寄り」などと反発する声があふれていると報じている。
《花》

関連ニュース

特集

page top