PGAアワードがノミネート発表 劇場アニメ部門 | RBB TODAY

PGAアワードがノミネート発表 劇場アニメ部門

エンタメ 映画・ドラマ

米国の映画プロデューサー団体の全米製作者組合(Producers Guild of America:PGA)は、1月2日に今年で24回目になるPGAアワードの候補作品を発表した。劇場アニメーション部門(The Award for Outstanding Producer of Animated Theatrical Motion Pictures)の候補は5作品が挙がった。『メリダとおそろしの森』、『フランケンウィニー』、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』、『不思議の国のガーディアン』、『シュガーラッシュ』である。
PGAアワードは米国に数ある賞の中でも、作品とそれを世に送り出したプロデューサーを対象にすることが特徴になっている。そうした視点でノミネートを見るのも興味深いだろう。

2012年の特徴は、ウォルト・デイズニーの勢いである。ノミネート5作品のうち『メリダ』、『フランケンウィニー』、『シュガーラッシュ』の3作品がディズニー/ピクサーによる作品である。『メリダ』がピクサースタジオ、『シュガーラッシュ』がディズニースタジオ、これに『フランケンウィニー』と多彩だ。劇場公開が増えるアニメーション映画のなかで、ウォルト・デイズニーが質量とも充実していることが分かる。
一方で、『フランケンウィニー』、ドリームワークス・アニメーションの『不思議の国のガーディアン』は、米国での興行を厳しい結果だった。専門家の評価と興行が必ずしも一致しないことを感じさせる。独立系では、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』がここでも存在感を発揮した。

PGAアワードの長編アニメーションの対象となるのは劇場公開された長さ40分以上の作品で、モーションキャプチャーはアニメーションに含めない。また、主要キャラクターはアニメーションで表現され、全体の75%以上がアニメーション映像であることを条件としている。 
第24回の受賞作品は他の部門とあわせ、1月26日にカリフォルニア州のビバリーヒルトン・ホテルで発表される。

PGAアワード(PRODUCERS GUILD AWARDS) 公式サイト
http://www.producersguildawards.com/2013/

PGAアワードがノミネート発表 劇場アニメ部門は5本中3本がディズニー/ピクサー

《animeanime》

関連ニュース

特集

page top