東芝、内蔵HDDの故障を、事前に検知する技術を開発……750種類以上のパターンを解析 | RBB TODAY

東芝、内蔵HDDの故障を、事前に検知する技術を開発……750種類以上のパターンを解析

エンタープライズ モバイルBIZ

東芝製ハードディスク(MQ01ABD100)
  • 東芝製ハードディスク(MQ01ABD100)
  • 東芝製ハードディスク(MK6461GSYG)
 東芝は26日、ノートPCの内蔵ハードディスクドライブ(HDD)において、故障を事前に検知する技術を開発したことを発表した。

 ノートPCの内蔵HDDの読み取りエラー回数や稼働時間などのデータと、故障したHDDのデータを収集し、得られた大量のビッグデータを解析することにより、HDDの故障を事前に検知可能にした。同社では、ノートPCに搭載したソフトウェア「東芝PCヘルスモニタ」により取得した、ノートPC166万台分のHDD稼働データと、自社修理センターで蓄積された故障HDDのデータを活用。これらのビッグデータを元に、750種類以上にわたるHDD稼働データの特徴を解析・作成した。

 この技術により、故障が起こりやすい状態が継続する期間を予測でき、期間中はデータをバックアップする頻度を増やすなどの対策により、より確実なタイミングでデータのバックアップをとるといったことが可能となる見込みだ。

 本技術は、2013年1月8日から米国で開催される「2013 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」でデモ展示される予定。今後は、企業向けノートPCの管理ツール「東芝スマートクライアントマネージャ」の新機能として、2013年度に商品化される計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top