NTTコムウェア、近場のスマホ同士で情報伝達する技術を発表……Bluetoothでローカルネット構築 | RBB TODAY

NTTコムウェア、近場のスマホ同士で情報伝達する技術を発表……Bluetoothでローカルネット構築

エンタープライズ モバイルBIZ

Bluetoothを利用した端末接続イメージ
  • Bluetoothを利用した端末接続イメージ
  • リング状接続のメリット
  • 適用例
 NTTコムウェアは18日、東日本大震災時に特に顕在化した携帯通信網の輻輳・途絶という問題点を解決するために、近接通信手段であるBluetooth(ブルートゥース)を用いて、近くの人同士をPeer to Peerで接続するローカルネットワーク構成技術を発表した。

 この技術は、その場にいる不特定多数のスマートフォン同士など、利用者間での情報伝達を可能とするものとなっている。NTTコムウェアでは、「誰もが使える汎用的な無線通信方式」「一定以上の通信距離と通信速度」「ローカルな環境下においても多数の端末間を接続させて安定した情報伝達が可能である」ことをテーマに、災害時などの通信手段として、Bluetoothを活用する技術の研究開発を進めていた。

 NTTコムウェアが研究開発中の技術は、複数の端末をBluetoothによってリング状につなげ、複数の端末間を状況に応じてリアルタイムで自動接続することを可能とするもの。リング状のネットワークに参加している端末数を少数単位に分割(マルチクラスタ化)することで伝達速度の遅延を回避している。自動で不特定多数の端末を接続することで、通信網が利用できない状況においても、効率的“バケツリレー方式”でデータを送信していくことで遠方の端末とも情報の共有が可能とのこと。

 現在は、この技術により構成するローカルネットワークの評価検証を行っている段階だという。今後は実現に向けさまざまな課題の解決を進める計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top