UQ WiMAX、障がいのある人を対象とした新料金プラン「ハート割」開始 | RBB TODAY

UQ WiMAX、障がいのある人を対象とした新料金プラン「ハート割」開始

 UQコミュニケーションズは30日、障がいのある人のインターネット利用をサポートするため、新料金プラン「UQ Flat年間パスポート ハート割」を発表した。11月1日より提供を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
「UQ Flat 年間パスポート ハート割」紹介ページ
  • 「UQ Flat 年間パスポート ハート割」紹介ページ
  • UQ WiMAX料金プラン
 UQコミュニケーションズは30日、障がいのある人のインターネット利用をサポートするため、新料金プラン「UQ Flat年間パスポート ハート割」を発表した。11月1日より提供を開始する。

 新料金プラン「UQ Flat年間パスポート ハート割」は、「障がい者手帳」「療育手帳」「精神障がい者保健福祉手帳」のいずれかの交付を受けている人が申し込み可能な料金プラン。1年間の契約により、月額3,480円でWiMAXサービスが利用できる(通常4,480円)。

 内閣府が2009年度に行った調査によると、障がい者のインターネットの利用は、52.2%となっており、当時のインターネット人口普及率78.0%から見て低い水準にとどまっている(総務省 2011年版「情報通信白書(障がい者にやさしいICTの実現)」より)。UQでは、実際に障がいのある人から、サポートセンターに伝えられた要望に対応し、今回の新料金プランを提供することにしたとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top