スマートフォン、利用料金への「不満」「満足」はほぼ拮抗……テザリング利用者は2割未満 | RBB TODAY

スマートフォン、利用料金への「不満」「満足」はほぼ拮抗……テザリング利用者は2割未満

エンタープライズ モバイルBIZ

毎月の利用料金の満足度
  • 毎月の利用料金の満足度
  • 利用料金を抑える対策
  • テザリングの興味及び利用率
  • テザリングを利用しない理由
 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は16日、「スマートフォン所有者の利用料金に関する実態調査」の結果を公表した。スマートフォン端末所有者557から回答を得た。

 まず「スマートフォンの毎月の利用料金の満足度」について聞いたところ、「不満である」「やや不満である」と答えたユーザーは38.0%となったが、「満足している」「やや満足している」と答えたユーザーも34.7%存在し、ほぼ拮抗した。

 利用料金を抑える対策としては、「無料Wi-Fi」「グループチャットアプリ」「IP電話アプリ」「キャリアの提供する無料通話の時間帯での通話」などの回答が上位に挙がった。

 さらに「テザリング」の興味および利用率に関する調査を行ったところ、「興味があり、利用している」が16.3%、「興味があるが、利用していない」が46.9%、「興味なく、利用していない」が36.8%と、興味があるユーザーが63.2%に対して、実際に利用しているユーザーは全体の2割に届かなった。 テザリングを行わない理由として、「テザリングの必要性を感じないから」が26.6%、「使い方・設定方法が分からないから」が22.1%、「バッテリーがなくなるのが早いから」が17.0%などの理由が上位にあがった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top