1/1サイズLBXがバトル!……『ダンボール戦機W』ストップモーションムービー本編、公開 | RBB TODAY

1/1サイズLBXがバトル!……『ダンボール戦機W』ストップモーションムービー本編、公開

エンタメ その他

1/1サイズLBXがバトルする本編動画が公開
  • 1/1サイズLBXがバトルする本編動画が公開
  • 1/1サイズLBXがバトルする本編動画が公開
  • 『THE BATTLE OF LBX-空想実写化プロジェクト』制作現場の様子
  • 『THE BATTLE OF LBX-空想実写化プロジェクト』制作現場の様子
  • 『THE BATTLE OF LBX-空想実写化プロジェクト』制作現場の様子
  • 『THE BATTLE OF LBX-空想実写化プロジェクト』制作現場の様子
  • 総制作期間2か月に及んだ制作現場の裏側を見ることができる
  • スタッフ自身による解説も
 ソニー・コンピュータエンタテインメントは11日、PlayStation Vita専用ゲーム『ダンボール戦機W』に登場するホビー用小型ロボット「LBX」のプラモデルを用いた特撮映像プロジェクトにおいて、ストップモーションムービー「本編」をスペシャルサイトにて公開した。

 『ダンボール戦機W』は、レベルファイブより10月18日発売予定のゲーム。「ダンボール戦機」シリーズは2011年に第1作目が発売されたプラモクラフトRPGシリーズで、そのコンテンツはゲームに留まらず、アニメや漫画、プラモデルなどさまざまな形で展開され、子供たちを中心に絶大な人気を誇っている。

 今回のプロジェクト『THE BATTLE OF LBX-空想実写化プロジェクト』では、子供たちに加え、ロボットゲームファンや、かつてプラモデルに熱狂した大人たちもターゲットとし、ストップモーション・フォトグラフィーの技術を駆使し、プラモデルLBXがリアルの世界の中で動き出し、バトルを繰り広げす動画制作を進めていたという。そして、9月18日にティーザー篇動画が公開されて以来、大きな注目を集めていた。

 月刊ホビージャパン編集長の谷村康弘氏は、「1/1スケールのLBXプラモデルだからこそできる、日常風景の中でのバトルを、大人たちが本気で再現した映像は、ゲーム、プラモデルをぜひとも手にしたいと思わせるクオリティに仕上がっていると思います」とのコメントを寄せている。

 サイトでは、本編ムービーの動画再生中に、タイミング良くボタンを押すと、そのカットが壁紙になってダウンロードできるギミックが用意されている(PC用、PSP用、PS Vita用)。なかには、限られたタイミングでボタンを押した時のみ入手できる、動画にも登場しないレアカット(プレミアカット)も登場するとのこと。壁紙は全23種でPCサイトから入手可能だ。

 さらにムービー本編公開と同時に、メイキング映像も公開。総制作期間2か月に及んだ制作現場の裏側を見ることができる。また本動画制作を手がけたスタジオプラセボの長井勝見監督による、本動画制作に対する熱い思いも語られている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top