iPhone 5の購入意向、「au」48%に対し「ソフトバンク」39%……「未定」12.2%存在が鍵か | RBB TODAY

iPhone 5の購入意向、「au」48%に対し「ソフトバンク」39%……「未定」12.2%存在が鍵か

エンタープライズ モバイルBIZ

iPhone 5を購入したいと思いますか
  • iPhone 5を購入したいと思いますか
  • あなたがiPhone 5を購入するとしたら、どちらの会社のiPhone 5を購入したいですか。
  • あなたがそのキャリアを選んだ最も重要な理由をひとつお選びください。
  • 従来のiPhoneと比べ、 新しくなった特長であなたが魅力に感じることはどの点ですか。
  • iPhone 5
  • アップル iPhone 5(白:KDDI、黒:ソフトバンクモバイル)
 ネオマーケティングは4日、9月に発売された新型iPhone「iPhone 5」について、購入意向やその理由について調査した結果を公表した。調査期間は10月1日~3日で全国の10代~40代の男女1000名から回答を得た。

 まず「iPhone 5を購入したいか」を聞いたところ、「購入した」「購入したい」と答えた人は33.7%、「購入したくない」と答えた人は36.9%とほぼ同数の回答となった。ただし、27.6%が「どちらでもない」と回答しており、“まだ検討段階”だという人が多いと言える。

 つづいて、iPhone 5がauとソフトバンクの2社から発売されていることから、「どちらのiPhone 5を購入したいか」と聞いたところ、購入意向者の約半数となる48.4%が「au iPhone 5を購入したい」と回答。ソフトバンクは39.5%と、やや水をあけられた形だ。ただし12.2%が「まだ決めていない」としており、この層をどう取り込むかが、今後の鍵と言えそうだ。

 MNPでも、ドコモからの移行者はほぼ拮抗している。ただしauユーザーは、auのiPhone 5への移行が大半だが、ソフトバンクユーザーは、2割近くがauのiPhone 5に流れる傾向が見られた。

 次に、キャリア選択の理由として、auを選んだ人は、「通信エリアが広い・つながりやすい」(21.5%。この設問は購入意向者ベース)と通信面についての評価が高かった。ソフトバンクを選んだ人は、「月々の料金プランが魅力的」(27.1%)と金額面での評価が高かった。

 料金については、「同じ通信会社の利用者同士の通話料無料」でソフトバンクが優位(au:1.2%、ソフトバンク:7.5%)、「固定回線とセットでお得な割引があるから」(au:7.4%、ソフトバンク:0.8%)でauが優位となっており、各キャリアの特長がともに評価される形となった。

 最後に「従来のiPhoneに比べて、iPhone 5の新しい特長で魅力に感じるもの」について聞いたところ、「さらに薄くなったこと」(41.5%)、「画面サイズが大きくなったこと」(38.2%)、「処理速度が速くなり、動作がより速くなったこと」(35.9%)のポイントが高く、iPhone 5で改善された変更点は、消費者に訴えかけるものとなっているようだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top