国内ビッグデータ市場は黎明期、2012年は前年比成長率38.2%……IDC予測 | RBB TODAY

国内ビッグデータ市場は黎明期、2012年は前年比成長率38.2%……IDC予測

 IDC Japanは3日、国内のビッグデータテクノロジー/サービス市場予測を発表した。 これによると、2011年の国内ビッグデータテクノロジー/サービスに対する企業の支出額は142億5,000万円。2012年は前年比成長率38.2%で197億円になると予測された。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場 支出額予測、2011年~2016年
  • 国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場 支出額予測、2011年~2016年
 IDC Japanは3日、国内のビッグデータテクノロジー/サービス市場予測を発表した。 これによると、2011年の国内ビッグデータテクノロジー/サービスに対する企業の支出額は142億5,000万円。2012年は前年比成長率38.2%で197億円になると予測された。

 また2011年から2016年にかけて年平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)は39.9%で拡大し、2016年には765億円になると予測されている。

 ビッグデータ市場の各分野(サーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェア、サービスの5つ)については、CAGRが最も高いのはストレージで50.4%、続いてソフトウェアが45.3%となると予測された。ストレージとソフトウェアは、ビッグデータテクノロジー/サービス市場全体のCAGRを上回る成長率で拡大すると分析されている。

 また、産業分野別に市場規模の推移を分析した結果、最もCAGRが高いのは通信メディア/情報サービスでCAGRは41.0%になると予測。金融/金融サービス、小売/卸/通販、公共/公益/政府自治体もCAGRが40%以上となり、市場全体のCAGRを上回るとIDCでは分析している。2012年8月にIDCが発表した2011年の国内IT市場支出額は13兆1,665億円であることから、国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場支出額はIT市場支出額全体の約0.1%となり、ビッグデータテクノロジー/サービス市場は黎明期にあるとしている。なおビッグデータ活用の目的として最も多くの企業が1位として挙げたのは「不正取引や不正アクセスなどのリスク管理」で、回答率は27.3%だった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top