LINEなどのチャットサービスの利点、「メールより簡単」約7割……メール頻度は変わらず | RBB TODAY

LINEなどのチャットサービスの利点、「メールより簡単」約7割……メール頻度は変わらず

ブロードバンド その他

グループチャットサービスを利用し始めてからメールを送る頻度
  • グループチャットサービスを利用し始めてからメールを送る頻度
  • グループチャットサービスの登録率
  • 登録しているグループチャットサービス
  • 最も利用しているグループチャットサービス
  • グループチャットサービスが便利だと思う点
  • グループチャットサービスが不便だと思う点
  • 有料スタンプの購入経験
 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は20日、「グループチャットサービスの登録率及び利用実態調査-第2回-」の結果を公表した。調査期間は9月10日~14日(5日間)で、スマートフォン所有者651人から回答を得た。

 まずグループチャットサービスの登録率について調査したところ、「登録し利用している」と回答したユーザーが58.8%、「登録しているが利用していない」と回答したユーザーが13.1%と、合わせて71.9%がグループチャットサービスを登録していた。2012年2月の同研究所による調査結果(58.6%)に対し、この7ヶ月間でグループチャットサービスの登録率が13.3%伸びていることが判明した。

 「登録しているグループチャットサービス」では、「LINE」が68.2%と最多。次いで僅差で「Skype」が67.5%、「Facebookメッセンジャー」が21.4%という結果となった。「最も利用しているグループチャットサービス」でも「LINE」49.4%、「Skype」31.6%と同じ順になった。年代別で見てみると、特に10代のLINEの利用率が他の年代よりも多い傾向にあった。

 続いて、グループチャットサービスが便利だと思う点について調査したところ、「メールより簡単にメッセージが送れる」と回答したユーザーが70.7%と最も多く、次いで「同時に数人とチャットができる」と回答したユーザーが40.6%、「音声通話が無料(国内)」と回答したユーザーが40.4%という結果となった。ただし、「グループチャットサービスを利用し始めてからメールを送る頻度」という質問では、61.8%が「とくに変わらない」と回答している。なお、「グループチャットサービスが不便だと思う点」については、「電話帳に登録している人全てに情報が公開されてしまう」と回答したユーザーが36.3%と最も多い結果になっている。

 そして、LINE登録者を対象に、有料スタンプの購入経験について調査したところ、23.7%のユーザーが購入したことがあると回答。内訳として、2~3個と回答したユーザーが10.3%と最も多く、次いで1個と回答したユーザーが7.8%という結果になっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top