ニコン、FXフォーマット採用機種では最小・最軽量で描写性能も優れるデジタル一眼レフ | RBB TODAY

ニコン、FXフォーマット採用機種では最小・最軽量で描写性能も優れるデジタル一眼レフ

IT・デジタル デジカメ

「D600」標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」装着時
  • 「D600」標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」装着時
  • 側面
  • ボディ単体
  • 背面
  • 上側
 ニコンイメージングジャパンは13日は、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラとしては、最小・最軽量となる「D600」を発表した。販売開始は27日。価格はオープン。

 ラインアップと予想実売価格は、ボディ単体が220,000円前後、標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を付属する「D600 24-85 VRレンズキット」が275,000円、さらに単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」を付属する「D600 ダブルレンズキット」が300,000円前後。

 「D600」は、撮像素子に有効画素数約2,400万画素の35.9×24mmフルサイズCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ。本体サイズは幅141×高さ113×奥行き82mm、重さは約850g(バッテリ、SDカードを含む)で、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラとしては最小・最軽量となるモデル。

 ボディにマグネシウム合金を採用し堅牢性を確保したほか、接合部や各所にシーリングを施すことで、上位機種「D800/D800E」と同等の防塵・防滴性能を備えるという。また、画像処理エンジンも「D800/D800E」と同様の「EXPEED 3」を搭載し、忠実な描写と色鮮やかな再現を可能とする。

 AFセンサーには、39点で被写体を補足・追尾する「マルチCAM4800オートフォーカスセンサーモジュール」を採用。さらに、ファインダーに視野率約100%、倍率約0.7倍の光学ファインダーを、背面には視野角170度で、周囲の明るさに応じて自動的にコントラストを調整する3.2型液晶ディスプレイを搭載している。

 ISO感度はISO100~6,400。静止画の最大解像度は6,016×4,016ピクセルで、動画は最大1,920×1,080ピクセルのフルHDで30コマ/秒の撮影に対応する。また、HDMI出力で外部のレコーダーへ直接映像を記録可能。

 最高シャッター速度は1/4,000秒で、連写は最高5.5コマ/秒に対応する。記録形式は、静止画がRAW/JPEG/JPEG+RAW、動画がH.264/MPEG-4 AVC。記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード(SDXC/SDHCはUHS-Iに対応)。付属品はバッテリ/充電器/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top