「尾崎豊 名曲ランキング」、1位は「15の夜」、3位には隠れた名曲が | RBB TODAY

「尾崎豊 名曲ランキング」、1位は「15の夜」、3位には隠れた名曲が

エンタメ 音楽

死してなお高い人気を誇る尾崎豊
  • 死してなお高い人気を誇る尾崎豊
  • 3位「僕が僕であるために」収録のアルバム「十七歳の地図」
 レコチョクがユーザー投票による「尾崎豊 名曲ランキング」を発表。1位には1983年発売のデビューシングル「15の夜」が入った。

 1位の「15の夜」には、「思春期のリアルな歌詞が印象的。ずっと聴き続けてほしい曲だから」(18歳/女性)、「少年のひたむきな感情が込められた曲で、自分にも当てはまる部分があると思ったから」(30歳/男性)など、10代の感情を赤裸々に表現した歌詞に共感したとの声が多く寄せられた。

 2位は、1991年発売の11thシングル「I LOVE YOU」。「皆でカラオケに行って、好きな人がいてこの曲を歌い緊張したことを思い出す」(45歳/男性)、「学生時代に付き合ってた彼氏が凄いファンで一緒に良く聴いていました」(44歳/女性)など、繊細で優しく切ないラブバラードに多くの支持が集まった。

 3位は、1983年に発売された1stアルバム『十七歳の地図』収録曲の「僕が僕であるために」。「進路を決めるのに悩み過ぎて苦しくて自分を見失いそうになる時に聴くと、なぜか勇気が出てくるから」(18歳/男性)、「全力で戦い続けた尾崎さんの『歌』に対する想いがこの曲に込められていると思います。僕は10代なので、リアルタイムで尾崎さんの曲を聞いていた訳ではないですが、時が経っても良い歌はいつまでも良い歌のまま残っていくと思いました」(17歳/男性)など、自身に迷いが出たとき聴くと勇気づけられるとの声が多く聞かれた。

■尾崎 豊 名曲ランキング
1位:15の夜
2位:I LOVE YOU
3位:僕が僕であるために
4位:卒業
5位:Forget-me-not
《関口賢》

編集部のおすすめ記事

特集

page top