ネットショッピング、スマホとPCで「利用ジャンル」に差は無くても「金額」に大きな差 | RBB TODAY

ネットショッピング、スマホとPCで「利用ジャンル」に差は無くても「金額」に大きな差

ブロードバンド その他

各デバイスにおけるインターネットショッピング利用経験(全体)
  • 各デバイスにおけるインターネットショッピング利用経験(全体)
  • インターネットショッピング利用頻度(全体)
  • 利用したことのあるインターネットショッピングサイト(6ヵ月以内)
  • 購買したことがある商品ジャンル(スマートフォン)
  • 購買したことがある商品ジャンル(PC)
  • 1ヵ月間にインターネットショッピングで使った金額(スマートフォンを含む総額)
  • 1ヵ月間にインターネットショッピングで使った金額(スマートフォンのみ)
 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は2日、「スマートフォン・PCのネットショッピングに関する利用実態調査」の結果を公表した。調査期間は7月2日~3日で、20歳~59歳のスマートフォン所有者556人から回答を得た。

 まず、「インターネットショッピングで利用したことがあるデバイス」について調査したところ、「PC」が94.2%と圧倒的に多く、次いで「スマートフォン」が45.5%、「タブレット端末」が10.6%となった。「購買したことがある商品のジャンル」だと、PCでは「書籍/雑誌(67.4%)」「衣料品/下着(62.6%)」「食品/飲料(58.0%)」、スマートフォンでは「書籍/雑誌(58.9%)」「衣料品/下着(56.1%)」「食品/飲料(50.2%)」という結果で差異は無かった。

 一方で「1ヵ月間にインターネットショッピングでおおよそ使った金額」については、総額で「10,000~14,999円」が16.0%と最も多かったが、“スマートフォンのみでインターネットショッピングをした金額”だと「~999円」が45.2%と大きく下がり、スマートフォンでのネットショッピングでは、あまりお金を出さない傾向が見て取れた。

 なお「インターネットショッピングの利用頻度」については、「月に1回程度利用している」が40.6%と最も多く、「週に1回程度利用している」26.4%と合わせると、約7割のユーザーが「週に1回~月に1回程度利用している」こととなった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top