2012年第1Qの国内スマホ出荷、前年同期比68.2%増の655万台……IDC調べ | RBB TODAY

2012年第1Qの国内スマホ出荷、前年同期比68.2%増の655万台……IDC調べ

 IDC Japanは4日、国内モバイルデバイス市場(スマートフォン市場、メディアタブレット市場を含む)の2012年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
2011年~2016年 国内モバイルデバイス出荷台数予測
  • 2011年~2016年 国内モバイルデバイス出荷台数予測
 IDC Japanは4日、国内モバイルデバイス市場(スマートフォン市場、メディアタブレット市場を含む)の2012年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表した。

 これによると、2012年第1四半期の国内スマートフォン出荷台数は、前年同期比68.2%増の「655万台」。2四半期連続で600万台超の出荷台数となっている。スマートフォン需要が先進ユーザーに限らず一般ユーザーへも拡大するとともに、大手通信事業者が販売奨励金を上積みする販売戦略を継続したことにより、出荷増につながったと見られる。

 なお同四半期のスマートフォン比率は、携帯電話総出荷台数の64.5%となった。またOS別では、AndroidOS搭載のスマートフォンがシェア65.6%を占めている。

 メディアタブレット市場も大幅なプラス成長を記録しており、前年同期比204.4%増の64万台と倍増した。ソフトバンクの「実質ゼロ円」販売による需要拡大、LTE搭載のタブレット端末の登場などが要因とのこと。OS別では、iOS搭載機(iPad)がシェア69.4%を占めている。

 2012年後半に複数の低価格モデルが市場投入される可能性が高いため、スマホ市場拡大はさらに続き、長期的な見通しでスマートフォン市場は、2016年に3,851万台にまで拡大すると予測された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top