ソニー、ウィンブルドン選手権を3D映像化して配信……欧米各国で3Dライブ放送 | RBB TODAY

ソニー、ウィンブルドン選手権を3D映像化して配信……欧米各国で3Dライブ放送

 ソニーと全英ローンテニスクラブは29日、世界のトップクラスのテニス大会「ウィンブルドン選手権(全英ローンテニス選手権)」について、3D映像制作や放送を行うことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
3Dショルダーカムコーダー「PMW-TD300」
  • 3Dショルダーカムコーダー「PMW-TD300」
  • 「ウィンブルドン選手権」ロゴ
  • SRMASTER対応SRMemoryカード「SR-1TS55」
  • SRMASTERポータブルレコーダー「SR-R1」
 ソニーと全英ローンテニスクラブは29日、世界のトップクラスのテニス大会「ウィンブルドン選手権(全英ローンテニス選手権)」について、3D映像制作や放送を行うことを発表した。

 2012年大会について、7月4日からの5日間、英BBC、スペインCanal+、米ESPN、ギリシャNova、イタリアSky Italiaの5局が、男子準々決勝から決勝までと、女子準決勝、決勝を3Dライブ放送する。また、7月8日の男子決勝は、映像配信提携先であるSupervision Media社の協力のもと、イギリスを始め欧米アジア各国の3D上映設備のある映画館でライブ配信を行う。

 ソニーの二眼式一体型3Dショルダーカムコーダー「PMW-TD300」で撮影した映像を、高速転送やマルチチャンネル記録/読出に対応した大容量・高速記録メディア「SRMemory」に、3G-SDIデュアルリンクを装備したSRMASTERポータブルレコーダー「SR-R1」で記録する。ハイエンド映像制作機材のSRMASTERシリーズを活用することで、ファイルベース運用を大会として初めて採用した。ファイルベースでの映像制作はテープベースと比較して効率化を図ることができ、スポーツの映像制作に適しているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top