「LINE」、企業向け公式アカウントを提供開始……ローソン、すき家などが参加 | RBB TODAY

「LINE」、企業向け公式アカウントを提供開始……ローソン、すき家などが参加

エンタープライズ モバイルBIZ

「ローソン」アカウントイメージ画像
  • 「ローソン」アカウントイメージ画像
  • 「すき家」アカウントイメージ画像
 NHN Japanは18日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」において、企業向けに「LINE公式アカウント」の提供を開始した。第一弾として、日本コカ・コーラ、ローソン、ゼンショー、日本テレビ放送網が参加している。

 「LINE公式アカウント」は、当該アカウントを「友だち追加」したユーザーに対して、メッセージを直接配信できる機能。これまで「ベッキー」「GACKT」などの有名人アカウント、「LINE通訳」「LINEお天気」といった自動プログラムによる情報配信を行うBOT(ボット)アカウントが展開されている。

 ユーザーは、企業アカウントを「友だち追加」することで、キャンペーン・クーポン・番組情報などを受信できる。企業においては、LINEが抱える世界4,000万人・国内1,800万人のスマートフォンユーザーに対して潜在的にリーチすることが可能となる。さらに、自社のブランド・キャラクターを活かしたオリジナルの「スポンサードスタンプ」を利用することも可能。企業側の利用料金は、初期費用200万円、月額150万円~。スポンサードスタンプが1,000万円。

■LINE公式アカウント参加企業
・日本コカ・コーラ「コカ・コーラ オリンピック応援 アカウント」(LINE ID:#cocacolajapan)
・ローソン「ローソン公式アカウント」(LINE ID:#lawson)
・ゼンショー「すき家公式アカウント」(LINE ID:#sukiya)
・日本テレビ放送網「ZIP!公式アカウント」(LINE ID:#ziptv)
・日本テレビ放送網「Music Lovers公式アカウント」(LINE ID:#musiclovers)
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top