「あれで終わり?」不可解な判定に異論噴出……W杯日本対オーストラリア戦 | RBB TODAY

「あれで終わり?」不可解な判定に異論噴出……W杯日本対オーストラリア戦

エンタメ スポーツ

歌人の俵万智氏もTwitterで、この判定についてツイート。数多くリツイートされている
  • 歌人の俵万智氏もTwitterで、この判定についてツイート。数多くリツイートされている
  • 3戦終わった時点での順位表
 W杯アジア最終予選、日本対オーストラリアが12日オーストラリア・ブリスベンで行われ1-1で引き分けた。試合では不可解な判定が続出、特に最後の場面について話題となっている。

 試合は後半20分に敵陣深く切り込んだ本田圭佑のクロスにDF栗原勇蔵が反応しゴール。日本が先制した。しかしその5分後、相手CK時にペナルティエリア内でDF内田篤人が相手選手を倒したとしてPK。それを決められ1-1の同点となった。

 このPK判定に対して、テレビ解説では異論が挟まれた。VTRで観ている限りでは、内田は相手選手とほとんど触れておらず、相手選手も何事もなかったかのように内田のそばを離れている。主審はこのシーン以前からオーストラリア選手にイエローカードを乱発していた気味があり、「帳尻合わせでは」の声も挙がった。

 そして極めつけは後半ロスタイム。オーストラリア陣内でFKを得たシーンで、本田が蹴る準備をしていたところでタイムアップの笛が吹かれた。もちろんルール上はこういったこともありうるのだが、通常はFKを蹴らせた上でタイムアップするもの。これに対してはTwitterなどで異論が噴出。「あれで終わり」「これで終わり」などのキーワードがトレンドに入るほどだった。

 歌人の俵万智氏も翌日Twitterで、「昨日のサッカー、息子と見ていた。『……続きは来週なの?』。お母さんもね、蹴ってほしかったよ!来週でもいいから」とツイート、数多くのリツイートがなされている。この件に関して、俵氏のように普段サッカーのことをツイートしないファンまでも多くツイートするなど、この最後の判定の不可解さに疑問をもった人が多かったようだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top