バンダイ、AR技術を活用したガシャポン発売……フィギュア撮影でボイス音やエフェクト表示 | RBB TODAY

バンダイ、AR技術を活用したガシャポン発売……フィギュア撮影でボイス音やエフェクト表示

ブロードバンド その他

「HYBRID GRADE 仮面ライダー01」 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ
  • 「HYBRID GRADE 仮面ライダー01」 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ
  • 「HYBRID GRADE」ロゴ
  • HG(ハイグレード)シリーズ、DG(デジタルグレード)シリーズなど、さまざまなガシャポンが販売された
 バンダイは、カプセル玩具とAR技術を融合させた、新しいフィギュアシリーズ「HYBRID GRADE 仮面ライダー01」を発表した。7月30日より、自販機専用カプセル商品(ガシャポン)として順次発売を開始する。1カプセル1個入りで価格は税込500円。

 新シリーズ「HYBRID GRADE」は、一部素材にABSを使用、デジタル彩色も使用し、より精巧な造形を再現した。また、サイズもガシャポン商品では最大級の95mm(組立時)となっている。第1弾の「HYBRID GRADE 仮面ライダー01」は、「仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」「仮面ライダーオーズ スーパータトバ コンボ」「仮面ライダーWサイクロンジョーカー」「超銀河王」の全4種で発売する。

 さらに、AR(仮想現実)技術を採用しており、専用アプリケーション(無料)をダウンロードしたスマートフォンで本商品をスキャン(撮影)すると、映像エフェクトやボイス音が発生する。組み合わせによりエフェクトが変わる「複数体同時スキャン」機能も搭載しており、さらにコレクションする楽しさを追求した商品とのこと。バンダイでは、第1弾「HYBRID GRADE 仮面ライダー01」の発売に合わせて、iPhone、Android対応端末の専用アプリケーション(無料)の配信を7月30日より開始する。対応OSはiOS5.0以上・Android2.2、2.3。

 同シリーズでは、「HYBRID GRADE 仮面ライダー01」に続き、8月末には「ワンピース」「TIGER & BUNNY」の人気キャラクターも発売予定。その後も、続々と商品化を行うとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top