バンダイ、ガンダムやスターウォーズの新作プラモ展示……全日本模型ホビーショー | RBB TODAY

バンダイ、ガンダムやスターウォーズの新作プラモ展示……全日本模型ホビーショー

エンタメ その他

(C)創通・サンライズ・MBS
  • (C)創通・サンライズ・MBS
  • (C)創通・サンライズ・MBS
  • (C)創通・サンライズ・MBS
  • (C)創通・サンライズ
  • (C)創通・サンライズ
  • (C)創通・サンライズ
  • (C)Lucasfilm Ltd.
  • (C)Lucasfilm Ltd.
2016年9月23日から25日までの期間、東京ビッグサイトにて「第56回 全日本模型ホビーショー」が開催される。このたび、本イベントに出展されるバンダイブースの詳細が明かされた。ガンプラエリア、ハイターゲットエリア、キッズエリア、フィギュアエリアという4つのエリアで構成され、最新のアイテムから会場発表アイテムを多数展示する。

ガンプラエリアでは10月2日から放送がスタートする『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期の各種プラモデルを中心に、この年末までに発売するガンプラの数々が展示。『ガンダムビルドファイターズ』の「ビルドストライクガンダム フルパッケージ」や、「シャア専用ザクI」といった珍しいアイテムもある。
ハイターゲットエリアの中心となるのは12月に世界同時公開予定の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』だ。デス・トルーパーやXウイング・スターファイターの商品が11月に発売予定で、会場ではこれらの商品のパネルが展示される。

これ以外にも精巧なキャラクターを作ることができる「Figure-rise」シリーズには『ドラゴンボール』の関連アイテムがラインナップに加わる。「超サイヤ人3孫悟空」「魔人ブウ」といったキャラクターのほか、『ドラゴンボール』に登場する魅力的なメカのプラモデルも登場予定だ。
さらに『ゲキドライヴ』『マクロス△』『妖怪ウォッチ』『ポケットモンスター』『ワンピース』『ウルトラマン』のプラモデルシリーズや新シリーズが展示。鉄道車両プラモデル「B トレインショーティー」など子供だけでなく大人でも楽しめる商品が並ぶ。

会期中は関連イベントも充実しており、「ゲキドライヴ」の公式大会「GJC2016 秋東京大会」や走行体験会、ガンプラのカスタマイズに使えるパーツを販売する「ジャンク市」などを開催。9月25日にはメカデザイナーの鷲尾直広、形部一平、声優の内匠靖明が登壇する『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』も行われる。

「第56回 全日本模型ホビーショー」開催概要
業者招待日: 2016年9月23日(金)
一般公開日: 2016年9月24日(土) ~25日(日)
会場: 東京ビッグサイト 西3・4ホール
入場料: 1,000円(税込)(中学生以下は無料)※一般公開日のみ

「第56回 全日本模型ホビーショー」開催 バンダイブースではガンダム、スターウォーズの新作プラモデルを展示

《ユマ》

編集部のおすすめ記事

特集

page top