最大46型のテレビを直載せできる! 日立マクセルのサラウンドスピーカー2機種 | RBB TODAY

最大46型のテレビを直載せできる! 日立マクセルのサラウンドスピーカー2機種

IT・デジタル テレビ

テレビを設置したイメージ
  • テレビを設置したイメージ
  • 「MXSP-SB2000」
  • 「MXSP-SB1000」
  • 各サイズの液晶テレビを設置したスケールイメージ
 日立マクセルは28日、薄型テレビを載せて使用できるボードタイプの2.1chサラウンドスピーカー「SoundBoard(サウンドボード)」2機種を発表した。販売開始は6月25日。価格はオープンで、予想実売価格は「MXSP-SB2000」が20,000円前後、「MXSP-SB1000」が13,000円前後。

 両機種は46型までの薄型テレビを設置できるボードタイプのスピーカーで、底面にサブウーハーを内蔵する。ラック等を使わずテレビを直接載せて使用できるため、テレビの角度調整を妨げることなく、また、リモコンの受光部分を塞ぐことなく利用できるという。

 最大出力は、「MXSP-SB2000」が70W(10W×4+サブウーハー30W)、「MXSP-SB1000」が50W(10W×2+サブウーハー30W)。そのほかの特徴として、3分間音声入力がないと自動で電源がOFFになる「オートパワーオフ」機能を搭載する。

 上位機種の「MXSP-SB2000」は「SRSサラウンド機能」を搭載し、伝送路で失われた空間情報を補い、臨場感のある音場を再現できる「SRS 3D」などの再生機能を利用できる。また、3系統のHDMI入力を備える。

 「MXSP-SB2000」のおもな仕様として、インターフェースはHDMI入力×3/HDMI出力/光デジタル/ステレオRCA/3.5mmステレオミニなど。本体サイズは幅720×高さ54×奥行き340mm(突起部を除く)、重さは約3.1kg。付属品はリモコン/ACアダプタ/HDMIケーブル/ステレオRCAケーブル/3.5mmステレオミニケーブル/すべり止めシートなど。

 「MXSP-SB1000」のおもな仕様として、インターフェースはステレオRCA/3.5mmステレオミニなど。本体サイズは幅720×高さ54×奥行き340mm(突起部を除く)、重さは約2.9kg。付属品はリモコン/ACアダプタ/ステレオRCAケーブル/3.5mmステレオミニケーブル/すべり止めシートなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top