ソニー、デジタル一眼「αシリーズ」に軽量化と高性能を両立したエントリーモデル | RBB TODAY

ソニー、デジタル一眼「αシリーズ」に軽量化と高性能を両立したエントリーモデル

IT・デジタル デジカメ

ダブルズームレンズキット「SLT-A37Y」
  • ダブルズームレンズキット「SLT-A37Y」
  • ズームレンズキット「SLT-A37K」
  • 正面
  • ボディ単体「SLT-A37」
  • オートポートレートフレーミング機能の比較
 ソニーは17日、小型軽量化が図られたレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「α37」を発表した。販売開始は6月15日。価格はオープン。

 予想実売価格は、ボディ単体の「SLT-A37」が60,000円前後、標準ズームレンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」をセットにしたレンズキット「SLT-A37K」が65,000円前後、標準ズームレンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」と望遠ズームレンズ「DT55-200mm F4-5.6 SAM」をセットにしたダブルズームレンズキット「SLT-A37Y」が85,000円前後。

 同製品はソニーストアでも取り扱う。また、先行展示を銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて5月18日より実施する。

 同製品は重さ約448g(ボディのみ)で、同社のデジタル一眼カメラ「αシリーズ」としては最も小型・軽量なエントリーモデル。小型ながら撮像素子に上位モデルの「α57」と同等の、APS-Cサイズ(23.5×15.6mm)で有効画素約1,610万画素の原色フィルター付“Exmor”APS HD CMOSセンサーを搭載する。

 オートフォーカスセンサーとイメージセンサーに同時に光を当てることが可能な同社の独自技術「Translucent Mirror Technology(トランスルーセント ミラー テクノロジー)」を搭載。AF時に約7コマ/秒の高速連写や、動画/静止画を問わず動く被写体に常にピントを合わせ続ける「フルタイムコンティニュアスAF」を可能にした。

 画像処理エンジンには「α57」などの上位モデルに搭載されている、RAW段階でノイズ低減処理を行ない常用感度でISO16000まで設定可能にする「BIONZ」を採用。AVCHDVer2.0準拠のフルHD動画撮影時でも高速AF撮影が可能。

 液晶ディスプレイは下約55度/上約135度に可動する「チルト可動式液晶」を搭載。頭上にかかげての撮影や、しゃがんだ姿勢でもディスプレイで確認しながら撮影できる。また、上位モデル「α57」と同じく、撮影した画像から自動で顔を認識し、バランスのとれた構図に自動で切り出しを行なう「オートポートレートデレーミング」機能を利用可能。

 3D撮影に対応し、記録形式は2D静止画がJPEG/RAW/JPEG+RAW、3D静止画がMPO、動画がAVCHD/MP4。記録メディアはMS PRO Duo/MS PRO-HG Duo/SD/SDHC/SDXCカード。インターフェースはHDMIミニ/USB2.0/3.5mmステレオミニなど。本体サイズは幅124.4×高さ92×奥行き84.7mm、バッテリとカードを含む重さは約506g。付属品はリチャージャブルバッテリ/バッテリチャージャー/ショルダーストラップ/ボディキャップ/アイピースカップ/USBケーブルなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top