20代のネット利用率、PC・スマホ・携帯・タブレットの総計は延べ200%超え……NTTアド調べ | RBB TODAY

20代のネット利用率、PC・スマホ・携帯・タブレットの総計は延べ200%超え……NTTアド調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

インターネット利用率(端末別)[複数回答]
  • インターネット利用率(端末別)[複数回答]
  • コンテンツ利用状況(自宅PC)濃黒:10~20代、薄黒:30代以上
  • コンテンツ利用状況(スマートフォン)
  • コンテンツ利用状況(フィーチャーフォン)
 NTTアドは15日、通信利用に関する生活者の意識と実態を全国規模で把握することを目的に「デジタルコミュニケーションライフ調査」の結果を発表した。10~20代の若者が、積極的にインターネットを利用している実態が明らかとなっている。

 調査期間は2011年11月10日~11月21日で、全国の15~65歳5,660名から回答を得た。まず、どの端末からインターネットを利用しているかを聞いたところ、全体では「自宅パソコン」88.6%、「フィーチャーフォン(通常の携帯電話)」60.9%、「スマートフォン」35.5%、「タブレット」9.7%となった。年代別で比較すると、10代の約7割が「フィーチャーフォン」、20代の約6割が「スマートフォン」から利用していると回答している。また、インターネット利用率の4端末合計スコアを比較すると、20代が228ポイント、10代が211ポイントとなり、10~20代が、フィーチャーフォンやスマートフォンを積極的に併用しながらインターネットを利用していることが明らかとなった。

 次に、どういったコンテンツを利用しているか聞いたところ、自宅パソコンから10~20代がよく利用してい
るのは「YouTube等動画共有サイト」74.5%、「音楽」49.2%、「Facebook等SNS」44.4%が上位に挙がり、30代以上の利用率を大幅に上回った。そのなかでも「YouTube等動画共有サイト」は大学生の8割以上が利用していた。

 フィーチャーフォンから10~20代がよく利用しているのは「Facebook等SNS」33.8%がトップとなり、30代以上の利用率を大幅に上回り、特に大学生(女)の約5割が利用していた。

 スマートフォンから10~20代がよく利用しているのは「Facebook等SNS」36.1%、「YouTube等動画共有サイト」34.0%、「Twitter等ミニブログ」28.5%、「音楽」28.1%、「個人のブログ・プロフサイト」26.7%が上位に挙がり、30代以上の利用率を大幅に上回った。フィーチャーフォン同様「Facebook等SNS」の大学生(女)の利用率が約5割となっている。

 これらより、動画共有サイトやSNSなど、他の人とのコミュニケーションが楽しめるソーシャルメディアを積極的に利用している点が10~20代の特徴であり、特に大学生にその傾向が強いと、同調査では考察している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top