受話器にもなる小型キーボード! スマホと連携・オーディオ機能付き | RBB TODAY

受話器にもなる小型キーボード! スマホと連携・オーディオ機能付き

IT・デジタル モバイル

ブルー「TK-MBD041BU」
  • ブルー「TK-MBD041BU」
  • ブラック「TK-MBD041BK」
  • ホワイト「TK-MBD041WH」
  • 通話するイメージ
  • 着信電話番号やバッテリ残量など有機ELディスプレイの表示イメージ
  • 各部の名称/受話器として利用できるイメージ
 エレコムは17日、通話機能とオーディオ機能を搭載したBluetoothキーボード「TK-MBD041」シリーズを発表した。販売開始は4月下旬。価格は18,690円。

 同製品は、iPhone/iPadAndroid搭載スマートフォン/タブレットでの利用に対応するBluetoothキーボード。HIDプロファイルに対応したスマートフォン/タブレットとワイヤレス接続し、ハードウェアでキーボード入力できる。

 大きな特長として通話機能を搭載し、スマートフォンを電話機、キーボードをコードレス子機のように利用可能。本体サイズは幅141×高さ13×奥行き53mm、重さは約66gの片手で持てるボディとなっており、通話するように片手で持ちながら顔に当てた際、本体裏面の耳に当たる部分にスピーカー、口元に当たる部分にマイクを内蔵。スマートフォンへの着信があった際、キーボードに搭載する通話受信ボタンを押すことで通話ができ、通話しながらスマートフォンの画面を見てWebブラウジング/メールチェックなどが行なえる。

 また、オーディオ機能を備えており、キーボードに搭載する3.5mmステレオミニにイヤホンを装着し、スマートフォンで再生した音楽をBluetooth経由でイヤホンで聞くことが可能。Bluetoothのオーディオプロファイル「A2DP」「AVRCP」に対応する。

 バッテリはリチウムイオン充電池で、充電方法はUSBバスパワー、バッテリの連続駆動時間の目安は約3日間(1日2時間を通話に割り当てた場合を想定)。電池残量、ペアリングモード中の状態、接続先の機器番号、発信先の電話番号、音量などを表示する有機ELディスプレイや、「ペアリング表示/電池残量表示ランプ」、着信を振動で知らせるバイブレーション機能を搭載。ストラップホール付きとなっている。

 対応機種は、Bluetooth HIDプロファイル/A2DP/AVRCP/HFPに対応したAndroid端末やiPad 2/iPad、iPhone 4S/4、iOS 4.0以降にアップデートされたiPhone 3GS、第4世代iPod touch/第3世代iPod touch(32/64GB)。Bluetooth規格はBluetooth 2.1+EDR、周波数帯域は2.4GHz帯、捜査範囲は非磁性体(木の机など)約10m/磁性体(スチール机など)約3m。

 キーボードの仕様として、キー配列は42キー、キータイプはボタンタイプ、キーピッチは7.5mm、キーストロークは0.8mm。カラーバリエーションはブラック「TK-MBD041BK」/ブルー「TK-MBD041BU」/ホワイト「TK-MBD041WH」の3色。付属品は充電用ケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top