電話機能を付加したWebアプリが5分で構築できる……クラウド電話API「boundio」 | RBB TODAY

電話機能を付加したWebアプリが5分で構築できる……クラウド電話API「boundio」

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

boundioの仕組み
  • boundioの仕組み
  • KDDIウェブコミュニケーションズ 代表取締役社長 山瀬明宏氏
  • ネットと電話をつなぐサービス
  • 海外のクラウド電話API
  • boundioの位置づけ
  • 米国第一のクラウド電話API事業者Twilioのサービスを利用するデベロッパー数
  • 電話機能を付加したWebアプリが5分で構築できる……クラウド電話API「boundio」
  • 初年度の狙い
 KDDIウェブコミュニケーションズは10日、ネットから電話がかけられるクラウド電話API「boundio」(バウンディオ)の正式版提供を開始した。

 「boundio」は、インターネット上から電話をかけることができる、クラウド電話API。公開されたAPIをウェブサイトやアプリケーションなどに実装するだけで、「050番号による電話発信」「アップロードした音声の再生機能」「テキスト文字列を音声ファイルに変換できる音声合成機能」といった3つの機能が利用可能となる。今回、正式提供にあわせて音声関連機能を拡充し、APIによるアップロード操作を可能とした。音声合成エンジンも更新され、より自然な発話が可能とのこと。

 正式提供ではオプションとして、電話受信者からの折り返し電話をboundioの番号(050)以外に転送する「転送設定」、boundio取得当初の電話番号から別の番号に変更できる「自局電話番号変更」の2つが提供されている。

 KDDIウェブコミュニケーションズの代表取締役社長、山瀬明宏氏は記者会見で「当社は、創業から15年が経つが、当初から中小零細事業者やスタートアップの会社を支援するためにサービスを提供している。これまで考えてきたのはエンジニアやデザイナーの作業負担を軽減すること。今回発表するboundioもその一環」と前置きした上で、「APIとして提供するので、電話や通信回りの深い知識を持たないWebアプリケーションのエンジニアでも、このAPIを用いればものの5分で電話機能をつかったサービスを構築できる」と説明。

 山瀬社長によれば、事業者向けにコールセンターやIVR(Interactive Voice Response)として電話機能を提供する業者は数多いが、いずれもエンタープライズ向けでSIを通してソリューションとして提供している。KDDIウェブコミュニケーションズとしては、個人の開発者にも利用できる課金体系やAPIの提供により、電話を使ったさまざまなアプリケーション開発を支援していきたいと述べた。

 さらに目標として「5年後に当社だけで20億円規模はいくという感覚はある。まず2012年度に3000のデベロッパーと売上高1億円くらいは達成したい」と見通す。「KDDIグループとしてバックボーンなど設備回りの信頼性には自信をもっている。まずは市場を作ること」(山瀬氏)と抱負を述べた。

 続いて、手島屋や面白法人カヤックなど提携ベンダーによるboundioサービス連携デモが披露されたほか、同様のサービスを北米で展開するTwilioとの業務提携について合意したことも発表。提携の内容については今後追加で発表するという。
《北島友和》

関連ニュース

特集

page top