写真共有サイトのPinterestがSNSの人気ランキング3位に! Google+も追いぬく | RBB TODAY

写真共有サイトのPinterestがSNSの人気ランキング3位に! Google+も追いぬく

ブロードバンド ウェブ

Experianの発表したレポート
  • Experianの発表したレポート
  • Pinterestへのアクセス数の推移
 マーケティングリサーチ企業の米国Experianは5日(現地時間)、ネットの各種トレンドをまとめた「The2012 Digital Marketer:Benchmark and Trend Report」を発表した。SNSの人気について、1位がFacebook、2位がTwitter、そして3位はPinterestだとしている。

 Pinterestは写真共有サービスのベンチャー企業で、写真をピンでボードに貼り付けるような感覚でレイアウトし、公開できるのが特徴。2010年3月にベータ版のサービスが始まって以来、急速に会員数を増やしている。現在のユーザー数は米国だけで1780万人(2012年2月の速報値)で、女性ユーザーが多いのが特徴とされている。

 SNSは多くのサービスが競いあっているが、8億人以上のユーザーを持つFacebookがトップであり、それに次ぐのが日本でも人気の高いTwitterであることは明らか。3番手争いは混沌としているが、LinkedInのような大手がいくつもあるほか、GoogleもGoogle+のユーザー獲得に全力をあげて取り組んでいる。Google+はユーザー数が1億人を超えたと発表したばかりだが、Experianの調査ではユーザー数が5分の1以下のPinterestのほうがより人気が高いという結果になった。

 Experianの調査はサイトへのアクセスを基準にしているため、必ずしもユーザー数に左右されない。Pinterestで公表されている写真はユーザーでなくても閲覧できるため、非ユーザーの閲覧も多いと考えられる。ExperianではPinterestへのアクセスは今年の1月と2月で50%増加したとしている。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top