Googleマップ、斜め45度からの航空写真を提供開始……リアルな地上を見下し可能 | RBB TODAY

Googleマップ、斜め45度からの航空写真を提供開始……リアルな地上を見下し可能

 グーグルは21日、45度斜め上から航空写真の提供を開始した。Googleマップを「航空写真」に切り替えることで利用可能となっている。

ブロードバンド ウェブ
東京タワーの斜め45度写真
  • 東京タワーの斜め45度写真
  • 六本木ヒルズの斜め45度写真
  • スカイツリーは全体が入りきらない
  • 拡大率が低いと、通常の航空写真までしか表示されない
 グーグルは21日、45度斜め上から航空写真の提供を開始した。Googleマップを「航空写真」に切り替えることで利用可能となっている。

 この航空写真により、空から見た視点で、その場所や空間を把握可能とのこと。たとえばスカイツリーなどを見ると、その高さがより実感できるだろう。利用には、Googleマップの右上にある[地図]ボタンをクリックして[航空写真]に切り替え、ズームインしていくと、自動的に45度の写真に切り替わる。また、「45°」という設定が用意されているので、それに切り替えてもよい。

 現在、45度斜め上から見た航空写真は、東京都、川崎市、千葉市、仙台市の4都市が対応している。今後、対応エリアは拡大される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top