iPhone 4S/4のカメラに連写やフォーカス機能を拡張できるハードケース | RBB TODAY

iPhone 4S/4のカメラに連写やフォーカス機能を拡張できるハードケース

IT・デジタル その他

iPhoneに装着したイメージ
  • iPhoneに装着したイメージ
  • 「Kapok」ブラック
  • 「Kapok」クリーム
  • シャッターボタンの使用イメージ
  • 三脚を使用した撮影イメージ
  • 固定用の台座へ取り付けたイメージ
 Cut&Pasteは4日、米Canopy社製でiPhone 4S/4のカメラ機能を拡張できるハードケース「Kapok(カポック)」の国内販売を開始した。価格はオープンで、予想実売価格は6,980円。

 同製品はセルフタイマーや連写機能、ホワイトバランスの固定、水平照準など、標準のカメラアプリにない機能を使用可能にするハードケース。専用アプリは同製品を装着した際に、自動でiTunes App Storeよりダウンロード可能。

 専用アプリで新たに拡張した機能は、ケースに搭載されたシャッターボタン、露出/ホワイトバランス固定ボタンから使用できる。また、シャッターボタンでは通常のデジタルカメラのように、半押しでピント合わせが可能。

 そのほかの特徴として、ケースを三脚に固定できるネジ穴を用意し、三脚として使用可能な固定用の台座を付属する。また、iPhoneの充電と同期に使用できるmini USB端子を備えている。

 対応機種はiPhone 4S/4。本体サイズは幅64.7×高さ132.2×奥行き13.1mm。カラーバリエーションはブラック/クリームの全2色。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top