サイトの“コミュ力”、高い企業1位は「サントリー」 ……トライベック調べ | RBB TODAY

サイトの“コミュ力”、高い企業1位は「サントリー」 ……トライベック調べ

ブロードバンド ウェブ

「ユーザーとのコミュニケーション力診断」 全30サイトのランキング結果
  • 「ユーザーとのコミュニケーション力診断」 全30サイトのランキング結果
  • コミュニケーション力診断4つの評価軸
  • コミュ力1位となった「サントリー」サイト
  • コミュ力2位となった「マツダ」サイト
 トライベック・ストラテジーは23日、「主要企業Webユーザビリティランキング2011<企業サイト編>」のうち、15業界別ランキング上位2社・計30社の“コミュニケーション力”を診断した結果を発表した。調査期間は2011年11月~12月下旬。

 同社では、企業の自社サイト(オウンドメディア)におけるコミュニケーション力を数値化するためのプログラム「コミュニケーション力診断」を提供しており、「経験軸:コンテンツの伝わりやすさ」「PR軸 :広告や広報活動との連携力」「コミュニケーション軸:ソーシャルメディア等を通じた生活者との連携力」「結果軸(行動促進軸):サイト内、関連サイトなどとの連携力」という、4つの評価軸によって、サイトを診断しているとのこと。

 今回、ランキング1位は、「サントリー」となった。サントリーは特に「C.PR軸」「D.結果軸(行動促進)」においては、最高水準のスコアを獲得した。2位の「マツダ」、3位の「アサヒビール」などは、「2011年度ユーザビリティランキング」において決して上位ではないものの、「コミュニケーション力診断」では上位となるなど、ユーザーとのコミュニケーション力向上に重点的に取り組んでいることが伺えた。

 一方、5位「JX日鉱日石エネルギー」、7位「NTTドコモ」、8位「東京メトロ」、9位「中部電力」などは、「2011年度ユーザビリティランキング」においていずれも10位以内と高いスコアを獲得しており、ユーザビリティ、コミュニケーション力ともにバランスの取れた優良サイトと、同社では分析している。

 スコア平均は56.56点。80点以上のスコアを出した企業は、ユーザビリティランキング上位2企業のみで、70点以上のスコアを出した企業でも上位5社にとどまった。



■コミュニケーション力上位10位ランキング
 カッコ内は「2011年度ユーザビリティランキング」の順位

順位 企業/サイト名
1 サントリー(24)
2 マツダ(40)
3 アサヒビール(31)
4 富士フイルム(21)
5 JX日鉱日石エネルギー(1)
6 キヤノン(47)
7 NTTドコモ(2)
8 東京メトロ(6)
9 中部電力(3)
10 JCB(48)
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top