シトリックス、最新版「Citrix XenDesktop 5.6」発表 | RBB TODAY

シトリックス、最新版「Citrix XenDesktop 5.6」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Citrix XenApp 6.5 Mobility Pack導入後
  • Citrix XenApp 6.5 Mobility Pack導入後
  • Citrix XenApp 6.5 Mobility Pack導入前
 シトリックス・システムズ・ジャパンは15日、デスクトップ仮想化ソリューションのシリーズ最新バージョン「Citrix XenDesktop 5.6」を発表した。

 「XenDesktop 5.6」は、「Personal vDisk」機能によってVDIにおける各ユーザーの柔軟な個別要件対応とコストの抑制を両立する。「Personal vDisk」は、共通のシステムイメージを全ユーザーのVMに展開すると同時に、ユーザーごとのアプリケーションやデータ、カスタマイズ情報の保存が行える。VMは必要なとき、あるいは事前に一定数を作成しておける。使用終了時にはシステムイメージはデフォルトに戻り、あくまでも1つの標準システムイメージを運用保守するだけとなる。これによりVDIとしてのユーザビリティを確保しつつ、ストレージの必要容量を抑え、VDI導入の際のストレージコストを最大65%削減するという。

 「XenDesktop 5.6」に包含される「Citrix XenApp 6.5」および「XenApp 6.5 Mobility Pack」により、Windowsアプリケーションにモバイルデバイスで使いやすいユーザーインターフェイスが提供される。Windowsアプリケーションはキーボードとマウスの利用を前提とした設計がされているが、「XenApp 6.5 Mobility Pack」をXenAppサーバに適用すると、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスに最適なユーザーインターフェイスに変換される。これによりディスプレイサイズにフィットした画面を使用でき、Windowsアプリケーションがタッチフレンドリーなモバイルアプリケーションになる。

 また、仮想化された既存のWindowsアプリケーションからモバイルデバイス固有の機能を使用できるようにする無償開発キット「Citrix Mobile Application SDK for Windows」により、モバイルデバイスが持つGPSやカメラ、通信機能と連携したアプリケーション開発が簡単になり、豊富なWindowsアプリケーション資産が最新のモバイルデバイスで使えるようになる。

 マイクロソフトが提供する統合管理ソリューションである「System Center Configuration Manager(SCCM)2012」と「System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2012」との連携も強化されている。これにより、より大規模な仮想デスクトップシステム環境であっても、物理マシンとともに統合管理が行えるようになる。

 その他の新機能や機能強化として、「CloudGateway Express Edition」は無償で提供され、仮想アプリケーションと仮想デスクトップを集約し、オンデマンドでの配信が可能となる。WebアプリケーションやSaaS、モバイルアプリケーションの配信、Follow-Me-Dataアドオンの統合をも可能にする「CloudGateway Enterprise Edition」はオプションとなる。

 「Citrix XenClient 2.1」は、ネットワークから切断された状態でもクライアントハイパーバイザーによって、仮想デスクトップを実行できる他、ハードウェアの互換性を大幅に拡大している。日本語を含む5ヶ国語をサポートし、マルチモニター、さまざまなGPUにも対応する。

 「XenDesktop 5.6」は、15日よりシトリックス認定パートナーを通して提供が開始される。価格はオープン価格で、シトリックス認定パートナーにて問い合わせを受け付けている。なお、Webサイトからのダウンロードは開始されており、有効なSubscription Advantageをがある場合、すぐに新バージョンを利用できる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top