ヤフーと東急電鉄など、“NFCスマートポスター”を活用したサービス実験を開始 | RBB TODAY

ヤフーと東急電鉄など、“NFCスマートポスター”を活用したサービス実験を開始

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートポスターの読み取り風景(凸版印刷)
  • スマートポスターの読み取り風景(凸版印刷)
  • 「Yahoo!ロコ」サイト
 ヤフー、トッパン・フォームズ、東京急行電鉄は5日、東急東横線の渋谷駅、自由が丘駅の二駅において、NFCスマートポスターと「Yahoo!ロコ」を活用したO2Oの実証実験を行うことを発表した。実験期間は3月26日から4月22日までの約一か月間。

 この実証実験では、クーポン情報などをICタグに埋め込んだ“スマートポスター”を、対象の二駅にそれぞれ設置し、それをきっかけとした実店舗への送客について検証する。クーポン情報の取得にはNFC(Near Field Communication)もしくはFeliCa搭載のスマートフォン端末が必要となる。また、実際に店舗にたどり着くための導線として、Yahoo! JAPANが展開するジオサービス「Yahoo!ロコ」を活用し、そこからの誘導を図る。

 トッパンフォームズは、従来よりNFC技術を活用したソリューションの開発を手掛けており、今回の実証実験にあたっては、スマートフォン用の送客アプリケーション、NFCスマートポスターなどを提供する。東急電鉄では、渋谷-二子玉川-自由が丘の間が一日乗り降り自由の周遊切符「トライアングルチケット」をはじめとする割引切符と、地域情報の発信を組み合わせた企画を今後も展開する予定。

 実施(ポスター設置)場所は、東急東横線 渋谷駅 正面改札付近と、東急東横線 自由が丘駅 正面口改札付近・南口改札付近。docomo、auから発売のNFC搭載スマートフォンあるいは、docomo、au、ソフトバンクモバイルから発売のおサイフケータイ搭載(Android OS2.3以上)のスマートフォンに対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top