ソニー、理論値上限に迫る転送速度の「TransferJet」LSIを商品化……Android版SDKも提供開始 | RBB TODAY

ソニー、理論値上限に迫る転送速度の「TransferJet」LSIを商品化……Android版SDKも提供開始

エンタープライズ ハードウェア
「TransferJet」対応LSI『CXD3271GW』
  • 「TransferJet」対応LSI『CXD3271GW』
  • TransferJetロゴ
  • 主な仕様
  • 『CXD3271GW』のブロック図とシステム構成例
 ソニーは23日、スマートフォンなどのモバイル機器向けに、350Mbpsの転送速度を実現した、「TransferJet」(トランスファージェット)規格対応LSIを商品化することを発表した。8月より、型名『CXD3271GW』としてサンプル価格500円で販売を開始する。

 『CXD3271GW』は、ホストインターフェイスとして高速なSDIO UHS-Iに対応するとともに、デバイスドライバなども新設計することで、「TransferJet」規格の理論上の最高実効速度375Mbpsに迫る350Mbps以上の転送速度を実現した。

 また、ソニー独自の高速伝送技術と、広帯域RF-CMOS技術により、「TransferJet」規格値-71dBmを上回る受信感度-82dBm(Rate65受信時)を実現し、機器間の安定的な通信を可能にしている。さらに従来外付け部品であった、RFバラン、送受信RFスイッチ、LDO、OTP-ROMをLSIに内蔵し、部品点数や実装面積の削減が図られている。従来モデル比で34%の低消費電力化も実現した。

 また、Android機器への搭載を簡単にするために、これまで開発者向けとして提供してきたLinux版ソフトウェアディベロップメントキットに加え、Android版ソフトウェアディベロップメントキットも提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top