So-netと日本マイクロソフト、個人事業主向けに「Microsoft Office 365」販売連携 | RBB TODAY

So-netと日本マイクロソフト、個人事業主向けに「Microsoft Office 365」販売連携

 ソネットエンタテインメント(So-net)と日本マイクロソフトは1日、「Microsoft Office 365」の販売で連携し、So-net法人接続会員への提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Microsoft Office365 | So-net 法人インターネット接続」ページ
  • 「Microsoft Office365 | So-net 法人インターネット接続」ページ
  • 「Microsoft Office365」の概要(So-netページより)
  • 「Microsoft Office 365」公式サイト
  • キャンペーンのプレゼント品
 ソネットエンタテインメント(So-net)と日本マイクロソフトは1日、「Microsoft Office 365」の販売で連携し、So-net法人接続会員への提供を開始した。

 Office 365は、電子メール、予定表、ファイル共有、ポータル、インスタント メッセージ、オンライン会議などの機能を、Microsoft Officeアプリケーションと統合して提供する、マイクロソフトのクラウドサービス。機能を簡略化した小規模企業・組織向けメニューは月額600円(税抜、1ユーザー)から利用可能。一方、So-netの法人インターネット接続サービスは、7万5千社が導入しており、SOHO・個人事業主(社員数構成が1~10人の企業)が多くを占めているという。

 今回So-net経由でOffice 365を申し込んだSo-net法人接続会員に対し、月額利用料の5%をソネットポイントとして毎月還元する。両社は、今後1年間に500社への提供をめざし、月額600円のメニューを中心に販売をすすめるとしている。また今後は、Office 365の機能であるMicrosoft SharePoint Onlineで活用できる業種別テンプレートを共同で開発し、2月中旬以降、順次無償で提供する。

 なお、販売開始を記念し、先着100社に書籍「できるOffice 365」とマイクロソフト製マウスをプレゼントするキャンペーンを実施する。本キャンペーンは、So-net法人接続会員でなくとも申し込み可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top