富士通、Webアプリサーバ「Interstage Application Server V10.1」販売開始……Java EE 6、スマホ対応 | RBB TODAY

富士通、Webアプリサーバ「Interstage Application Server V10.1」販売開始……Java EE 6、スマホ対応

 富士通は20日、アプリケーション実行基盤であるアプリケーションサーバの最新版となる「Interstage Application Server V10.1」の販売を開始した。Java EE 5、J2EE、COBOL、C言語に加え、Javaの最新規約であるJava EE 6をサポートした。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
最新のJava EE 6による新規業務と既存システムを同一サーバ上に集約
  • 最新のJava EE 6による新規業務と既存システムを同一サーバ上に集約
  • Java EE 6のコーディング例
  • スマートデバイス用のアプリケーション部品で簡単に開発
  • 標準価格、動作環境
 富士通は20日、アプリケーション実行基盤であるアプリケーションサーバの最新版となる「Interstage Application Server V10.1」の販売を開始した。Java EE 5、J2EE、COBOL、C言語に加え、Javaの最新規約であるJava EE 6をサポートした。

 「Java EE 6」は、Javaの基幹系業務システムで採用される、業界標準の規約の最新版。Webアプリケーションの標準規約であるServletやJSPといったサブ規約が含まれている。これにより、既存システムに手を加えたり、業務の運用を変えることなく、既存業務と最新のJava EE 6によって開発したアプリケーションを本製品上で実行できる。またJava EE 6に対応したことで、従来のWebアプリケーションでは必須だったweb.xml記述が一文で表現できる。また、作成したアプリケーションの動作検証をJava VMだけでできるため、テスト用のアプリケーションサーバを構築する必要がなく、さらに開発生産性が向上する見込みだ。そのほかの複数言語についても、開発したアプリケーションを、同一アプリケーションサーバ上で同時実行することが可能。

 また最新版V10.1では、スマートフォン、タブレット端末などスマートデバイス用のアプリケーション開発フレームワークであるオープンソース「jQuery Mobile」をサポートした。これにより、iOS、Android、Windows Phoneを搭載する各種スマートデバイスに対応できるWebアプリケーションを開発、実行できる。スマートデバイスの画面表示に最適化されたツールバーやボタンなどの部品群を利用して、HTMLの知識だけで簡単に開発できるという。作成したアプリケーションは機種に依存しないため、1つのアプリケーションで、各種スマートデバイスに対応できる。

 標準価格は、Interstage Application Server Enterprise Edition V10.1(プロセッサライセンス)が280万円より、Interstage Application Server Standard-J Edition V10.1(プロセッサライセンス)が55万円より、Interstage Studio Standard-J Edition V10.1(インストールライセンス)が36万円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top