NTTドコモとオムロンヘルスケア、健康・医療ビジネスで提携……来年新会社を設立 | RBB TODAY

NTTドコモとオムロンヘルスケア、健康・医療ビジネスで提携……来年新会社を設立

 NTTドコモとオムロンヘルスケアは7日、両社の経営資源を活用し、健康・医療支援サービスの開発・提供を目的とする新会社設立を前提とした業務・資本提携の検討を行うことを発表した。

エンタープライズ 企業
提携により実現を目指すサービスのイメージ
  • 提携により実現を目指すサービスのイメージ
  • 「オムロンヘルスケア」サイト(画像)
  • 「i Bodymo」アプリ画面
 NTTドコモとオムロンヘルスケアは7日、両社の経営資源を活用し、健康・医療支援サービスの開発・提供を目的とする新会社設立を前提とした業務・資本提携の検討を行うことを発表した。

 新会社は来年6月設立の予定で、ドコモが51%以上、オムロンヘルスケアが49%以下を出資する。新会社では、ドコモが提供する健康管理や疾病予防のサポートサービス「docomo Healthcare」と、オムロンヘルスケアが提供する健康管理サービス「ウェルネスリンク」のプラットフォームを活用し、より簡易に個人が健康管理できる、利便性の高い健康・医療支援サービスの提供を目指す。

 具体的には、オムロンヘルスケアの健康医療機器(血圧計・体重体組成計・歩数計等)と、ドコモのスマートフォンなどを機器連携させることで、体重や血圧などの測定データをはじめとした健康・医療データを、簡易に蓄積・管理できる環境を構築。Felica、Bluetooth、3Gなどの無線技術を活用し、生活動線上で、自動的にヘルスケアデータを吸い上げるという。その上で、アプリやスケジューラー、各種コンテンツ提供など、多種多様な健康支援サービス、疾病予防支援サービスを提供する。さらに、健康関連コンテンツを保有する企業などとの連携により幅広いサービスの展開を図る。

 現在ドコモでは、携帯電話を活用した健康支援サービス「i Bodymo」、スマートフォン、PC上での医療従事者向け生涯教育サービス「MD+(エムディープラス)」などを提供している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top