富士通研、CPUの廃熱を用いてサーバの冷却用水を製造する技術を開発 | RBB TODAY

富士通研、CPUの廃熱を用いてサーバの冷却用水を製造する技術を開発

エンタープライズ ハードウェア

開発技術の概要
  • 開発技術の概要
 富士通研究所は7日、CPUから発生する廃熱を利用して、サーバルームの冷却に使用する冷水を製造する技術を開発した。

 高い温度の廃熱を使って冷水を製造する技術は従来よりあったが、そのためには水温が65度以上で安定しているという条件が必要だった。今回新たに開発された技術は、これまで冷水の製造には利用できなかった低い温度の熱から、冷水を製造できる。本技術によりこれまで利用されていなかったCPU廃熱を、冷却に利用できるとのこと。既存のデータセンターでは、消費電力の約40%を占める空調消費電力を最大で約20%削減できる見込みで、サーバラック1台あたり、年間最大で1.2万kWh、杉の木360本分のCO2の削減に貢献できるという。

 廃熱を利用した冷水発生装置として、吸着材の水分吸着力によって水を蒸発させ、その際に周囲の熱を奪う性質を利用した吸着式ヒートポンプを利用。今回、新素材の吸着材を開発し、室温における水の吸着性能、および、55度での乾燥性能を向上させました。これにより、55度という低温での動作を可能にした。同時に、CPUの負荷に合わせて、廃水の流量を制御することで、冷水発生装置に供給される廃水の温度を40度~55度の範囲に保つ技術を開発した。

 これら2つの技術により、冷水発生装置へ入力された廃熱量を100%としたとき、最大で60%の熱量に相当する量の冷水出力が得られることが確認された。今後は、2014年ごろのデータセンターでの適用を目指して、大規模化、スペース効率の向上、信頼性の向上などの技術開発を進めていく。また、工場、オフィスビル、太陽熱発電システムなど、データセンター以外の用途において利用されていない低温廃熱への活用を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top