トレンドマイクロ、エージェントレスでサーバを攻撃から守る「Deep Security 8.0」発売 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、エージェントレスでサーバを攻撃から守る「Deep Security 8.0」発売

エンタープライズ セキュリティ

Deep Securityの概要
  • Deep Securityの概要
  • Deep Securityの脆弱性対策
  • Deep Securityのウイルス対策
  • Deep Securityの多層防御
 トレンドマイクロは7日、エージェントレスでサーバの不正変更を検知する総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security 8.0(TMDS)」を発表した。12月19日より受注を開始する。

 「TMDS」は、公開サーバのセキュリティを強化し、サイバー攻撃から守るソリューション。物理/仮想環境を問わずインストール可能な「エージェント」と、複数の仮想マシンへ一元的にセキュリティ対策が可能な「バーチャルアプライアンス」で構成され、ユーザー環境にあわせて導入できる。仮想パッチにより対象のシステムに変更を加えずに暫時的に攻撃から保護し、万が一不正アクセスされた場合でも、サーバ上のファイルやレジストリなどの変更を検知可能としている。

 新バージョンとなる「TMDS 8.0」では、ヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用することで、業界で初めてエージェントレスの不正変更検知を実現した。クラウド事業者とユーザー企業など仮想インフラの運用者と仮想サーバの利用者が異なる環境において、すべての仮想サーバにエージェントを導入しない場合でも、バーチャルアプライアンスによりサーバ上の不正変更を検知しセキュリティを確保できるという。

 さらに、トレンドマイクロ独自のクラウド技術「Trend Micro Smart Protection Network」を利用した機能を新たに搭載し、総合的な防御力を強化した。Deep Securityエージェントに搭載されている脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視に加えてウイルス対策や不正なWebサイトへのアクセスを防止するWebレピュテーションが追加された。

 「Deep Securityエージェント」(最低購入ライセンス数5)は、脆弱性対策、ファイアウォール、 ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視の基本機能の「Trend Micro Deep Security Standard」(179,000円)、ウイルス対策にも対応する「Trend Micro Deep Security Advance」(213,500円)、脆弱性対策、ファイアウォールのみの「Trend Micro Deep Security Virtual Patch」(125,300円)、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視の「Trend Micro Deep Security PCI DSS」(107,400円)がラインアップされている。

 「Deep Securityバーチャルアプライアンス」は、ウイルス対策の「Trend Micro Deep Security Virtual Appliance Anti Virus」(160,000円)、脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルの変更監視の「Trend Micro Deep Security Virtual Appliance Standard」(330,000円)、脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルの変更監視、ウイルス対策の「Trend Micro Deep Security Virtual Appliance Advance」(400,000円)となる。参考標準価格は、1年間のスタンダードサポートサービス料金を含めた1ライセンスあたりの使用許諾料金(税別)となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top