国内モバイルセキュリティ市場予測/スマートフォン、タブレットのビジネス利用拡大で急成長 | RBB TODAY

国内モバイルセキュリティ市場予測/スマートフォン、タブレットのビジネス利用拡大で急成長

エンタープライズ モバイルBIZ

国内モバイルセキュリティ市場 セグメント別売上予測、2010年~1015年
  • 国内モバイルセキュリティ市場 セグメント別売上予測、2010年~1015年
 IDC Japanは4日、2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模実績と2015年までの予測を発表した。これによると、2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模は23億円だった。

 モバイルセキュリティ市場は、モバイルアイデンティティ/アクセス管理市場、モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理市場、モバイルセキュリティ/脆弱性管理市場、その他モバイルセキュリティ市場で構成されているが、IDCの調査によれば、国内モバイルセキュリティ市場において、2010年~2015年における年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は32.2%で2015年には93億円になると予測されている。

 そのうちでも、モバイルアイデンティティ/アクセス管理のCAGRは36.5%で、市場規模は2010年の3億円から2015年には15億円になると予測された。スマートフォンやタブレット端末のユーザーの急増やビジネスでの利用拡大によって、モバイル向け認証関連の製品需要が高まっているという。

 一方、モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理は、モバイル機器に対してウイルスやスパイウェア、スパム、ハッカー、不正侵入、無断使用、極秘情報の開示などを防御するものだが、Android端末に感染するマルウェアが急増していることから、今後の高まりが期待されている。2010年~2015年のCAGRは33.1%で、市場規模は2010年の14億円から2015年には58億円になると予測された。

 なおIDCが2011年4月に実施したユーザー調査結果では、モバイル機器を導入したことにより問題が発生した企業は全体の44.4%。発生した問題でもっとも多かったのは、セキュリティやコンプライアンスの問題であり、38.7%の企業で問題があったとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top