ソニー、電子書籍リーダー「Reader」新モデル……3G・Wi-Fi対応 | RBB TODAY

ソニー、電子書籍リーダー「Reader」新モデル……3G・Wi-Fi対応

IT・デジタル モバイル

ワイヤレス対応の電子書籍「Reader」
  • ワイヤレス対応の電子書籍「Reader」
  • 3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」ブラック
  • Wi-Fi対応「PRS-T1」レッド
  • 二本指で表示を拡大/縮小するタッチ操作のイメージ
  • 別売オプションのライト付きブックカバーを装着したイメージ
  • 電子書籍ストア「Reader Store」のトップ画面のイメージ
 ソニーは29日、電子書籍リーダー「Reader」の新製品を2機種発表した。販売開始日/予想実売価格(オープン価格)として、3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」は11月25日/26,000円前後、Wi-Fi対応「PRS-T1」は10月20日/20,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、価格は、「PRS-G1」が25,800円、「PRS-T1」が19,800円。また、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪にて先行展示を行なう。

 両機種とも、2010年12月発売の「Reader Touch Edition(リーダー タッチ エディション) PRS-650」と同様、6型タッチディスプレイを搭載した電子書籍リーダー。「PRS-650」は、「Reader」向けオンラインブックストア「Reader Store(リーダー ストア)」からPC経由で書籍コンテンツをダウンロードするが、「PRS-G1」は3G+Wi-Fiに、「PRS-T1」はWi-Fiに対応しており、ワイヤレスで「Reader Store」に直接アクセスすることが可能。「Reader」上で書籍コンテンツの閲覧から購入、ダウンロードが行なえる。

 また、インターネットにアクセスできることからインターネットブラウザを新搭載。書籍内で意味などを調べたい言葉があれば、言葉が表示されている画面の該当箇所を長押しすることで、GoogleやWikipediaへのリンクがポップアップ画面で現れて検索できる。

 さらに、両機種ともスリム化と軽量化を図っており、「PRS-650」との比較で横幅を約10mm縮小し、新書並みの幅110×高さ173mmとした。3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」は、本体の重さが約185gで「PRS-650」よりも約30g軽量化。Wi-Fi対応「PRS-T1」の重さは約47g軽い約168gとし、6型の電子ペーパーを使用した端末として世界最軽量(9月29日現在、同社調べ)をうたう。

 そのほかの特長として、本体内蔵の辞書機能に「大辞林 第三版」を追加して約23万8,000語の日本語検索が可能。画面上で調べたい単語を長押しするか、キーボードで語句を入力することで意味を調べられる。また、PCから書籍コンテンツを「Reader」へ 転送するソフト「eBook Transfer for Reader Ver. 2.0」が、従来のWindowsに加えて新たにMac OSにも対応する。

 ディスプレイは解像度が600×800ピクセルで、「E Ink」製の電子ペーパー「Pearl」を採用。バックライトを搭載せず、16階調のグレースケール、8段階の文字サイズに対応することで文字の見やすさに配慮。光学式タッチパネルの搭載により、画面に直接手で触れてページをめくり、文字を入力し、メモを書き込むといった操作が可能となっている。

 2GBメモリを内蔵し、一般的な電子書籍を約1,400冊、コミックを約35冊保存することが可能。microSDカードスロットを装備し、最大32GBまで保存容量を拡張できる。バッテリはリチウムイオン充電池で、充電時間は、PCからのUSBバスパワーで約2.5時間(3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」は約3時間)、別売のACアダプタの使用で約2時間。駆動時間は、3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」の場合に約20,000ページ/1日30分の読書で最長7週間、Wi-Fi対応「PRS-T1」の場合に約14,000ページ/1日30分の読書で最長5週間。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5.8、10.6.6、10.7。インターフェースはmicroSDカードスロット/microUSB/ヘッドホン。対応ファイルは、電子書籍が配信コンテンツ.mnh/XMDF(.zbf)/ドットブック(.book)/EPUB(.epub)/PDF(.pdf)/テキスト(.txt)、音楽がMP3(.mp3)/AAC(.mp4/.m4a)、写真がJPEG(.jpg/.jpeg)/GIF(.gif)/PNG(.png)/BMP(.bmp)。

 3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」は、本体カラーがブラック/ホワイトの2色を用意し、本体の奥行きが9.4mm(最大10.1mm)。Wi-Fi対応「PRS-T1」は、本体カラーがブラック/ホワイト/レッドの3色を用意し、本体の奥行きが9.5mm(最大8.9mm)。付属品はタッチペン/USBケーブル/保護ポーチなど。

 なお、3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」の3G接続サービスはKDDIのau通信網(有料)を利用し、3G接続の利用料最大2年間無料プランも用意する。また、「Reader Store」で購入した書籍コンテンツは従来の「Reader」だけでなく、10月以降は同社製タブレット「Sony Tablet(ソニータブレット)」でも利用できるようになる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top