CTCとネットアップ、災害・節電対策に「クラウドバックアップ for NetApp」提供開始 | RBB TODAY

CTCとネットアップ、災害・節電対策に「クラウドバックアップ for NetApp」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「クラウドバックアップ for NetApp」の概要
  • 「クラウドバックアップ for NetApp」の概要
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は7日、ネットアップのバックアップ技術を利用したパブリッククラウド型データバックアップサービス「クラウドバックアップ for NetApp」の提供を開始した。

 「クラウドバックアップ for NetApp」は、ネットアップのストレージ「NetApp FASストレージ」に蓄積されたデータを、CTCのデータセンター内に設置されたストレージへ遠隔地保管するサービス。ネットアップのバックアップ技術を最適化し、数十テラバイトを超える大容量ストレージに対するバックアップが可能。ユーザ側のストレージ環境とCTCのデータセンター間を閉域網回線で接続し、パブリックなインターネット環境下とは異なり、高い回線品質とセキュリティを確保した。

 災害や節電対策のニーズを見込み、今後5年間で90社への導入、12億円の売上を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top