NEC、M2M分野の標準化会議をアジアで初めて開催……ICT標準化団体「ETSI」と協力 | RBB TODAY

NEC、M2M分野の標準化会議をアジアで初めて開催……ICT標準化団体「ETSI」と協力

エンタープライズ 企業

「欧州電気通信標準化機構」(ETSI)サイト
  • 「欧州電気通信標準化機構」(ETSI)サイト
  • NECのM2Mソリューションの概念
 日本電気(NEC)は2日、欧州電気通信標準化機構(ETSI:European Telecommunications Standards Institute)と協力して、M2M (Machine to Machine Communications)分野の国際標準策定を目的とした会議を開催することを発表した。

 この会議は、「第16回テクニカルコミッティM2M会議」で、9月12日~16日にNEC玉川事業場にて行われる。ETSIがM2M分野の会議をアジアで開催するのは今回が初。ETSIは、世界中の主要なキャリアやベンダが参加している世界最大級の標準化団体。ICTに関するさまざまな分野において、世界共通で利活用できる製品・サービスの実現を推進するための活動を行っている。

 今回NECとETSIが開催する会議では、多様なM2Mサービスが柔軟に連携できる環境の実現を目指し、M2M分野で利用されるアプリケーションやセンサ等の標準インターフェイス策定に向けた議論を行う。本会議には、国内外の通信キャリアやICTベンダ約40社から、総勢100名弱の関係者が参加する予定。

 なおNECは、企業や通信事業者がM2Mサービスを実現する際に必要となる機能を提供するソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)」を先月発表済み。同ソリューションの第一弾として「CONNEXIVEクラウドサービス 基盤提供サービス」の提供を開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top