東京ケーブルネットワークとNEC、Android端末「LifeTouch」を使った新サービスを実証実験 | RBB TODAY

東京ケーブルネットワークとNEC、Android端末「LifeTouch」を使った新サービスを実証実験

ブロードバンド 回線・サービス

「(仮)TCNタッチコン」の画面イメージ
  • 「(仮)TCNタッチコン」の画面イメージ
  • NEC「LifeTouch」紹介ページ(画像)
 東京ケーブルネットワーク(TCN)と日本電気(NEC)は30日、Android端末「LifeTouch」を使った新サービスの実証実験を、9月から開始することを発表した。NECのAndroid搭載クラウドコミュニケーター「LifeTouch」をテレビリモコンおよび情報端末として活用するもの。

 このサービスは、TCNが提供するサポートサービス「メディアコンシェルジュ」の一環として、機械操作が苦手な人、家事や育児に忙しい主婦をメインターゲットとしたものとなっている。ユーザからの相談が多いリモコン操作を簡易化するとともに、地域情報の配信、健康支援・お買い物支援などをサポートする。

 実証実験は、TCNサービスエリアである文京区、荒川区、千代田区の既加入者を対象に、200世帯のモニターを募集。9月から3か月間、端末「(仮)TCNタッチコン」を使用し、簡単リモコンサービス、情報提供サービス、メール機能、掲示板機能などを提供する。当該期間にさまざまな検証を行い、早期商用化を目指すとのこと。将来的には他企業との連携を強化し、リモコン機能として録画予約機能の拡張やリコメンデーション機能への展開を図る。さらには、自治体およびNPO団体等との連携による各種支援サービスの強化やスマートグリッドへの応用(電力消費の見える化等)なども見込んでいるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top