松浦亜弥、4年前に子宮内膜症が発覚していたことを明かす | RBB TODAY

松浦亜弥、4年前に子宮内膜症が発覚していたことを明かす

エンタメ ブログ

松浦亜弥オフィシャルブログ
  • 松浦亜弥オフィシャルブログ
  • 松浦亜弥からのコメント
 歌手の松浦亜弥が30日、子宮内膜症を患っているとオフィシャルブログで報告した。

 4年程前から腹痛による体調不良を度々起こすことがあったといい、検査を受けたところ子宮内膜症と診断されたという。松浦は2009年に、しばらくの間ライブ活動を休止すると発表したが、この病気が発覚したことによる休止であったことも明かされている。

 このタイミングでの発表になったことについては「私が話すことで、少しでも沢山の女性の方にこの病気について知ってほしいし、気になることがあるという人には迷わず少しでも早く病院に行く事を勧めたい。何かキッカケになれば。そのような思いからの報告です」とされている。

 「デリケートな問題なので、近い人達が知ってくれていればという思いで何年か活動してきました」という松浦だが、今年デビュー10周年を迎えるにあたり、「私にとってもファンの皆様にとっても大切な年。皆さんの声を聞いているのに何もしないで終わるなんてできない!ね。なので、無理はしない範囲で活動は続けていきます」と意気込みをみせている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top