富士通、プライベートクラウドでの業務集約に最適な「Interstage Application Server V10」販売開始 | RBB TODAY

富士通、プライベートクラウドでの業務集約に最適な「Interstage Application Server V10」販売開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Interstage Application Server V10」の概要
  • 「Interstage Application Server V10」の概要
  • スマートチューニングの効果
  • 標準価格、出荷時期、動作環境
 富士通は18日、プライベートクラウドでの業務集約に最適なアプリケーションサーバの最新版「Interstage Application Server V10」の販売を開始した。

 「Interstage Application Server V10」は、Java EE、J2EE、COBOL、Cと、異なる言語で開発された複数のアプリケーションを1つのアプリケーションサーバ上で同時に実行、互いに連携できるアプリケーションサーバ製品。これにより、企業内の複数世代の業務アプリケーションを、改修することなく集約できるため、プライベートクラウドでの業務集約に最適とのこと。また、標準仕様のアプリケーションはもちろん、他社の固有仕様でサポート終了済のアプリケーション資産も集約できる移行用テンプレートが提供される。

 そのほか、「スマート・チューニング」により、業務集約時にJavaアプリケーションのレスポンス悪化の大きな要因となる「Full Garbage Collection」(メモリ解放処理)の影響を完全に排除する機能が新たに追加された。Java VMの過去のメモリ使用状況やGC状況のモニタリングに基づき、Full GCの予兆とレスポンス悪化などのトラブルの予兆を自律的に判断・検知する。予兆監視すると、そのプロセスへのリクエストを抑止しつつ、別のJava VMで実行させることでアプリケーションのレスポンスを保証する。

 価格は、Interstage Application Server Standard-J Edition V10が55万円より、Interstage Application Server Enterprise Edition V10が280万円より。なお、本製品をベースとした「Interstage Application Server V1 powered by Windows Azure」 は、パブリッククラウド向け製品として提供されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top