富士通、モバイル端末を安全に業務利用する「携帯ブラウザ接続サービス」発売 | RBB TODAY

富士通、モバイル端末を安全に業務利用する「携帯ブラウザ接続サービス」発売

エンタープライズ モバイルBIZ

「携帯ブラウザ接続サービス」のシステム構成イメージ
  • 「携帯ブラウザ接続サービス」のシステム構成イメージ
  • 販売価格、および出荷時期
 富士通は18日、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末から、企業のイントラネットにセキュアに接続するネットワークサービス「携帯ブラウザ接続サービス」の販売を開始した。

 「携帯ブラウザ接続サービス」は、富士通がモバイル端末向けに提供する専用アプリケーション「FENICSブラウザ」から、リモートアクセスサービス「FENICSIIユニバーサルコネクト」を介して企業内ネットワークに接続するもの。モバイル端末の機体識別番号の登録や、権限のある利用者のみがアクセスできるログインなど、強固な認証機能を備えほか、コピー&ペースト機能の抑制や、キャッシュの自動消去など、モバイル端末に業務データを残さないための機能も搭載している。これにより、企業ユーザーは、Webサイトやアプリケーション、Webメール、グループウェア、さらにアドレス帳などを、モバイル端末に業務データや履歴を残すことなく利用できる。また、付加サービスとして、PC向けのWebコンテンツをモバイル端末で見やすく変換する「モバイルコンテンツ変換サービス」もあわせて提供する。

 利用者は、専用アプリケーション「FENICSブラウザ」を起動させ、あらかじめ付与されたIDを入力してログインするだけで、企業のイントラネットに接続できる。なお、「FENICSブラウザ」は通常のスマートフォン用アプリケーション購入サイトから、無料でダウンロード可能。対象モバイル端末は、Android OS搭載モバイル端末(無料)、iPhone、iPad(近日中にAppStoreで提供予定)。

 携帯ブラウザ接続サービスは300IDで初期費用10万円、月額費用14万5,500円。モバイルコンテンツ変換サービスは300IDで初期費用50万円、月額費用26万円。これら以外に「FENICSIIユニバーサルコネクト」基本サービスおよびFENICS ID費用(月額)が必要。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top