病院・医師など専門家向けの外部被ばく線量計、一般向け販売開始へ | RBB TODAY

病院・医師など専門家向けの外部被ばく線量計、一般向け販売開始へ

IT・デジタル その他

PDM-122
  • PDM-122
  • PDM-122使用イメージ
 セーラー万年筆は5日、専門家向けの外部被ばく線量計「PDM-122 マイドーズミニ」の一般向け販売を発表した。販売開始は8日。価格は29,900円。

 同製品は、医療機器などの専門メーカーである日立アロカメディカル製。本来は病院や医師向けに販売されていたが、両社間で一般向け販売を合意した。国産製品として病院で長く使用されており、小型軽量サイズを特長とする。

 個人に対する外部被ばく線量計となり、空中線量や食物、水、土壌などは測定対象外。普段の生活で、胸などにつけて使用するタイプとなる。小型ながらガンマ線の正確な計測を実現するとうたい、外部被ばく量を時間当たり数値と積算数値で表示可能。小数点以下の数値を表示せず、自然界に存在する放射線との混同を招かないよう配慮も加えた。

 さらに同社は、購入後登録を行った使用者用のウェブサイトで、使用者参加型の線量計マップ構築などを計画。このほか、年に一度の校正が必要となる機器のため、長期間の校正が特別価格で受けられるサービスなども計画中とした。

 測定線種はガンマ(X)線40KeV~。検出器はシリコン半導体検出器。測定範囲は1マイクロシーベルト~10シーベルト、一時間あたりは1マイクロシーベルト~1シーベルト。誤差はプラスマイナス10%以内(10マイクロシーベルト~10シーベルト)。バッテリはコイン型リチウム電池。
《》

関連ニュース

特集

page top