アイオー、iPhone・iPadやAndroidスマホなどからネットワーク経由で使えるHDD | RBB TODAY

アイオー、iPhone・iPadやAndroidスマホなどからネットワーク経由で使えるHDD

IT・デジタル 周辺機器

「HDL-CE」シリーズ
  • 「HDL-CE」シリーズ
  • 背面のインターフェース
  • プリンタやDVDドライブなどのUSB機器をネットワーク経由で利用できるようにするイメージ
  • スマートフォンからネットワークHDDにアクセスして映像/音楽ファイルの再生などを楽しめるアプリ「リモートリンク2」の画面イメージ
 アイ・オー・データ機器は3日、ネットワーク対応HDD「LAN DISK(ランディスク)」で新たに、PCのほかiPhone/iPad/iPod touchAndroid端末などからもアクセス可能な「HDL-CE」シリーズを発表した。販売開始は8月下旬。

 HDD容量の違いにより3機種を用意し、希望小売価格は、3TB「HDL-CE3.0」が27,720円、2TB「HDL-CE2.0」が19,845円、1TB「HDL-CE1.0」が15,330円。

 「HDL-CE」シリーズは、LAN/USB接続のネットワーク対応HDD。外付けHDDとして使用できるほか、LAN経由でネットワークにつながるPCからLAN DISK内のファイルを操作することが可能。外出先のPCからLAN DISK内の動画/写真/音楽ファイルの再生などを楽しめる。

 また、ルータなど無線LANアクセスポイントとLANでつなぎネットワークにワイヤレス接続ができるほか、HDDに装備するUBSポートでプリンタ/DVDドライブなどのUSB機器を接続することで、ネットワーク非対応のUSB機器でもLAN経由で利用できるようにする。

 大きな特長として、iPhone/iPad/iPod touchをはじめ、スマートフォンタブレットなどのAndroid端末からのアクセスに対応。iTunesまたはAndroidマーケットから無料でダウンロード(後日公開予定)できる専用アプリ「リモートリンク2」をインストールすることにより、iPhone/iPad/iPod touch/Android端末で、LAN DISK内の動画/写真/音楽ファイルの再生や、Officeファイル(Word、Excel、PowerPoint)の閲覧などが可能となる。さらに、スマートフォンなどで撮影した動画/写真ファイルをLAN DISKへのアップロードも行なえる。

 対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista(32/64ビット版)/XP(32ビット版)、Mac OS X 10.5~10.6。インターフェースはUSB2.0/1.1、LAN(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)。本体サイズは幅45×高さ168×奥行き138mm(突起部除く)、重さは約1.2kg。付属品はUSBケーブル(1m)/LANケーブル(1m)/ACアダプタ(電源ケーブル含む)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top