KDDI、クラウド型の統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」提供開始 | RBB TODAY

KDDI、クラウド型の統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

KDDI Knowledge Suiteの概要
  • KDDI Knowledge Suiteの概要
  • 提供料金
  • 利用可能なアプリ群の例
  • グラフチャートの例
 KDDIは1日、ブランドダイアログとの資本・業務提携を発表した。2日より、グループウェア、営業報告、顧客情報、コールセンター管理、集計・分析ツールといったアプリ群が連携した統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」の提供を開始する。

 KDDIは、デバイスからネットワーク、データセンター、アプリケーションの各種サービスをシームレスに統合させたクラウド型の業務環境「KDDI MULTI CLOUD」を展開している。「KDDI Knowledge Suite」は、「KDDI MULTI CLOUD」の自社アプリケーション第一弾となるサービス。グループウェアと営業支援・顧客管理を統合し、スケジュールや電話メモなど外出先での業務効率化を推進する利便性の高いビジネスアプリケーションとなっている。クラウドに集約される各管理データを集計し、レポーティングする機能に対応し、トップ画面に必要な情報へのアクセスを集約している。これにより、1つの営業報告を行えば、それに関連したスケジュールや顧客管理情報などが密に連携され、業務を円滑に進めることが可能となっている。

 利用人数は無制限で、月額料金は2,100円/1GB(従量プラン)または40,425円/3GB(SFA/CRM無制限固定プラン)。なお8月2日~11月30日の期間、auスマートフォンの購入と同時に本サービスに申し込むと、12月分までの「KDDI Knowledge Suite」の月額料金、容量追加、SFA・CRM、GRIDY Securityなどが無料となるキャンペーンも実施される。

 ブランドダイアログの「Knowledge Suite」は、これまでPCや携帯電話を中心に広く利用されていたが、「KDDI Knowledge Suite」の開始にあわせて、初めてAndroidアプリケーションを開発、au限定で提供を開始する。なお今回のサービス提供にあたり、KDDIとブランドダイアログは、資本・業務提携することに合意。これにより、KDDIがブランドダイアログの 第三者割当増資に応じ、第2位の株主となる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top